かぶとむし日記

映画、音楽、本の感想を中心に日記を更新しています。

「トットてれび」と『窓際のトットちゃん』



満島ひかり主演の「トットてれび」がおもしろくて、毎週たのしみに見てる。土曜日に予定があって家にいないときは、あらかじめ録画してもらっておいて、家に帰ると真っ先に見てしまう。もともと満島ひかりは好きな女優のひとりだったけれど、このトットちゃんで、また新しい魅力を発見したような気がしている。


それにしても、黒柳徹子を演じて、顔も似ているけど、ちょっと高い声の早口のしゃべり方がそっくり。満島ひかりを、キャスティングしたひとも、すごい。



トットてれび」を見ていたら、むかし読んだ(はず)の黒柳徹子のベスト・セラー『窓際のトットちゃん』を読みたくなった。Amazonに注文したら、とても文字の読みやすい新装版の文庫版『窓際のトットちゃん』が届いた。



問題児トットちゃん(黒柳徹子のこと)が、小学校を退学(小学校を退学というのもすごい!)。次に行ったところが、全校50人の小さな私立「トモエ学園」。この学校が型破りで、トットちゃんは、毎日学校へいくのがたのしくなる。


ひとりひとりの個性を大切にする校長先生。小学生のトットちゃんは、むずかしいことはわからないままこの校長先生に惹かれていく。ひとつひとつのエピソードが、いまからみても新鮮。どんなものかは、ぜひ『窓際のトットちゃん』を読んでみてください。


トットちゃんは、好奇心いっぱいで型破りの子。校長先生は、当惑することがあっても、いちいち叱らない。「君は本当はいい子なんだよ」と、そのたびにトットちゃんを元気づける。


「トモエ学園」があったら、知り合いの子どもたちや孫たちをここへ入れたい、とおもったけれど、戦争中の空襲で全焼して、いまはない。トットちゃんは、いいときに「トモエ学園」と出会い、自由な性格を損なうことなく、のびのびと成長した。それにしても、こんな自由・個性を尊重した学校が戦時下にあった、というのにはびっくり。


いまの安倍政権の教育方針は、このトモエ学園の校長先生が理想とした教育と逆行している。ゆとりよりも詰め込み、個性よりも愛国、が上位に位置する。だから、この本の「教育姿勢」に、よけい共感するのかもしれない。

山田太一脚本『今朝の秋』(1987年)


Youtubeで見ましたが、小さな画面でも、このドラマのよさは、しっかりと伝わってきました。


映画は、ある程度の作品であれば、遅かれ早かれもう一度見れるチャンスはあるのに、テレビドラマとなると、再放送してくれない限り、なかなか見ることができない。こんなとき、インターネットは、とてもありがたい、とおもいました。



むかし好きな男ができ、家を捨てて出ていった妻(杉村春子)を、いまでも夫(笠智衆)は許せないが、二人のあいだに生まれた息子(杉浦直樹)が、癌で余命が数ヶ月であることを知ったとき、元老夫婦は、深い悲しみを共有する。


病の床にあるその息子も、妻(倍賞美津子)には他に好きな男がいて、夫婦のなかはうまくいっていない。


崩壊してしまった老夫婦と破局寸前の夫婦が、もう一度家族のあいだを修復していこうとする物語にもみえるが、甘い解決は最後まで用意されていない。


笠智衆がひとりで住んでいるのは、蓼科。あの小津安二郎野田高梧が、戦後の名作を書いたところだ。


小津映画に出演していたころ、ここに笠智衆は、なんども表敬訪問をしている。


笠が顔をみせると、小津は、「笠さん大丈夫だよ。次回にも笠さんの役は用意してあるから」と、笑いながらいったというようなエピソードもきいたことがある。


そんな想い出の場所を舞台に、笠智衆がじっくりと彼独特の<受けの演技>をみせる。能面のような表情で、話しかけられると、短く「うん」とか「ああ」とか応えるのは、小津映画時代からのもの。


笠智衆の受けの演技が重なるに連れて、ドラマはどんどん厚みを増してくる。この辺が比類ないほど、すばらしい。改めて名優の演技にのめりこんだ。


tougyouさん、教えてくださってありがとうございました。

カメラマン宮川一夫の特集番組


tougyouさんやringoさんが話題にしていた<宮川一夫の特集番組>を見ることができました。ぼくは映画が好きでも、あまり製作の内部にまで関心を持って見ている方ではないので、カメラマンがどんな役割を果たしているのかまで、これまで特別な注意を払って見ていることはありませんでした。


今回の特集を見て、映画とカメラの深いかかわりあいを知ることができました。


印象的な『羅生門』の光と影の織り成す美しい映像が、鏡を使って撮影した、という野上照代の話。『雨月物語』のモノクロ映像のあの神秘的なシーンと墨絵への関連、ラストで亡霊の妻が登場するときの映像の工夫など、宮川一夫の非凡さが細かに説明され、理解を深めることができました。


小津安二郎の『浮草』には、小津の他の作品にはない俯瞰からの撮影がある、という指摘にもなっとくし、そういうところにも、あの作品が小津らしくない違和感を感じる要因になっているのかもしれない、とおもいました(だから、映画がつまらない、というわけではありません)。


「『羅生門』は、キャメラが芝居をしているね」


という黒澤明の40年後の言葉は、宮川一夫への最高の賛美ですね。