かぶとむし日記

映画、音楽、本の感想を中心に日記を更新しています。

4日目。金沢〜東京へ(3月16日)


8時30分金沢駅発の周遊バスで金沢の町へ。


「ひがし茶屋街」を見る。格子戸が印象的な町並みは、高山とも違う情趣がある。きのう、Nが夕飯を食べたという大正時代風の「自由軒」は、現役のレストランで、「コールド・パーマ」の看板がある美容院は、いまも芸妓さんの髪をセットしているらしい。



★ひがし茶屋街。奥にコールド・パーマの看板をかかげた美容院がある



★このような格子戸が続く



★大正時代風のレストラン「自由軒





浅野川大橋を渡って右に折れると、浅野川沿いに「主計(かずえ)茶屋街」がある。この道の入口に「鏡花のみち」という看板があった。「鏡花のみち」を歩く。


先に見える中の橋は、古めかしい木の橋。ここを渡って対岸にいくと、「秋聲(しゅうせい)のみち」へ出る。




浅野川大橋



★「鏡花のみち」案内板



★木の橋が情緒ある「中の橋」




泉鏡花徳田秋聲、それに室生犀星が、金沢の生んだ三大作家、と観光案内所でもらったパンフレットに紹介されている。


バスに乗って兼六園へいく。早咲きの梅が咲いていたが、ほとんどがまだ蕾だった。橋を渡って、金沢城公園を見学。


再び周遊バスで、「にし茶屋街」へ。西茶屋資料館を見る。


そこから10分ほど歩くと、「長町武家屋敷跡」へ出る。Nがボランティアの人に説明をお願いすると、ずっと同行してくれて、武家屋敷の見どころ、ポイントなどを説明してくれた。



武家屋敷跡を歩く




香林坊でお昼を食べ、もう一度武家屋敷通りをぬけ、前田利家とまつがまつられている尾山神社まで歩く。建物が教会のようなつくりで変わっていた。



★一風変わった尾山神社の建物



尾山神社境内の梅




見たかった石川近代文学館が改装中で、3月末まで休みなのが残念。


小松空港から羽田へ。


上野で、牛久へ帰るNと別れ、ひとり川越へ向かう。

3日目。白川郷〜金沢(3月15日)

■朝の飛騨国分寺

9時30分発のバスまで時間があったので、寝ているNを置いたまま、朝の高山をもう一度散歩する。雨はすっかりあがって、いい天気になっていた。


最初に「飛騨国分寺」へいく。ここの三重ノ塔と大イチョウを見る。



国分寺の三重ノ塔



国分寺のお地蔵さま




朝市は、観光客が少ないのか、出ているテントのお店もまばらで、活気がまるでなかった。


町を適当に眺めながら歩いていたら、高山陣屋の方から歩いてくるNと出会う。一緒に洋食屋さんで、朝食をとる。


9時30分、バスで白川郷へ向かう。約1時間の旅。



白川郷の立呑みへ寄る(笑)

白川郷も雪だった。展望台へ登ると、村が一望に見渡せた。天気もいいので、観光客は高山より多かった。





白川郷の風景




★荻町展望台から見た村の眺め




白川郷の湯」という立ち寄り湯で、汗を流す。喉がかわいて、ビールを飲みたかったが、食事処が休み時間にはいっていた。


文化財になっている民家の中を見学したい、というNとわかれる。


ビールを探しながら、ひとり村を歩いていると、地酒の立呑み屋があった。早速寄って、飛騨牛コロッケをつまみに、地酒とビールを飲む。おみやげ屋さんの立呑みコーナーだが、こういう山の中で立呑みできるとは、乙なものだ(笑)。


みやげ物屋が店を閉めるのが早い。16時頃になると、まだ観光客がバスを待っているのに、バタバタ店を閉め出している。バス停で、Nと合流する。


17時半のバスで、金沢へ向かう。村の中を長く歩いたので、あたたかいバスに乗ると、眠くなった。


高山、白川郷と、時代がむかしにもどったような景色に親しんでいたので、金沢駅へ着くと、びっくり……大都市の駅だった。急に時間が現代に戻ったような心持ちになる。


宿に荷物をあずけ、Nと一緒に夕食に出る。


最後の夜は、Nと二人でゆっくり飲もうとおもっていたら、なかなかおもうようにはならない(笑)。


Nはバス停に並んでいるひとに何か聞いてきて、これから金沢のライトアップの周遊バスが出るから見にいかないか、という。


Nは、酒よりは町の見物が優先だ。わたしは、ライトアップよりもお酒(笑)。今夜も、Nと別れて、ひとりの夜になった。


ひとりなら、カウンター中心の居酒屋がいい。町はずれに、「おふくろさん」という小さな居酒屋があったので、外からみると、座席はカウンターしかなかった。寄ってみる。


「ひとりですが」
「どうぞ」


他の客は、2組で、それぞれひとり客。これなら、気楽に飲める。湯豆腐で、熱燗を2合。焼き魚で、さらに焼酎のロックを一杯。いい気持ちになる。


金沢の夜を、居酒屋でひとりで過ごすのもいい。Nは、ライトアップされた金沢の町を、いつものように歩きまわっているだろう。


2組のひとり客(どちらも常連らしい)が帰って、新たに、5人の男女がにぎやかに飲みはじめたとき、もう一軒別の居酒屋を探すつもりで、そこを出た。

2日目。下呂温泉〜飛騨の里(3月14日)

下呂温泉

昨日と一転して、本格的な雨。まだ薄暗い高山駅で、下呂温泉行きの一番電車を待つ。




★朝の高山駅




朝6時40分の電車で下呂温泉へ向かう。


きのう朝の3時に宿にもどってきたNは眠そうだった。たまたまはいった英国パブの経営者・母娘が、エリック・クラプトンのファンで、閉店してからもCDを流して、話し込んでいたらしい。おかげで、こちらまで寝不足ぎみ。


高山から下呂温泉までは、山の中を切り拓いたような山間のコースを走る。雨に煙る雪山がきれいだった。


下呂温泉は、雨がひどく散歩もできない。


「クアガーデン露天風呂」、「白鷺の湯」という、共同温泉へはいって、「温泉博物館」を見る。


下呂温泉は、草津温泉有馬温泉と並んで『日本三名泉』に数えられる県内最大の温泉地です」と、観光案内にあるけれど、無色透明、無臭で、効能は実感できない。


露天風呂からの眺望も、広々しすぎているのか、とりとめがない。雨のせいもあって、写真を1枚も撮らないことに、あとで気づいた。


13時40分頃の電車で高山へ戻る。


高山へ戻るあたりから、いっしゅん、雨がやんで晴れ間が見えてきた。高山の工芸品のお店が見たい、というNと高山駅でわかれる。



■飛騨の里

バスで飛騨の里へいく。飛騨の里でバス停を降りたのはわたしひとりだけだった。売店も土産物屋も全部閉まっている。天気が変わりやすい。また雨がひどくなってきた。



★バス停を下りたら、売店はすべて閉まっていた




観光客はひとりもいなかった。入園して、雨の中、雪道を歩く。誰もいないテーマパークというのも奇妙な感じがする。


合掌づくりの家の中を見ながら、1時間ほど園内を歩いていると、鼻水が出てきた。






★飛騨の里の風景



★ある家には、ひな壇がかざってあった



★休憩所の囲炉裏であたたまる




16時49分のバスで高山駅へ戻る。風邪をひいては困るので、宿へはいってしばらく横になった。


Nから電話があって、まもなく戻ってくる。


一緒に町中へ出て、ここの名物である飛騨牛をつまみに熱燗を飲む。からだはあたたまったが、鼻水がとまらない。鼻をかみながら、もっぱらNの話を聞く。名物の飛騨牛は、硬くて、うまいとはおもえなかった。


21時頃、まだ飲み足りなかったが、Nと宿へ戻る。Nから風邪薬をもらって飲む。


Nは、今日も昨日の英国パブへ行く、というが、外へ出るのがめんどうだった。


そのまま朝まで眠る。Nが2時半に帰ってきたのを、翌日になって、本人から聞くまでわからなかった。