かぶとむし日記

映画、音楽、本の感想を中心に日記を更新しています。

音楽

映画『HOKUSAI』〜ポール・ギルバートの「It's All Too Much」(6月2日)。

6月2日(水)、晴れ。 きのうから都内の映画館が解禁された。オリパラを決行するため、自粛とか要請とかいって、市民をいじめまくるスガ自民党と小池百合子都知事に腹が立ってしかたがない。 そういえば、きのうアパートの近くの居酒屋が、堂々と提灯にあか…

フリーダ・ケリーが、ビートルズについて、みなさんの質問に答えます!

リンゴとジョージとフリーダ・ケリー。 「ビートルズの秘書を11年間してたけど何か質問ある?」海外掲示板にまさかの人物が現れ、ファン感激。 偶然見つけたサイトです。2013年9月11日のニュースというから、新しい情報ではなく、もうみなさん知っていること…

ジョンの「God」は、ビートルズと、ビートルズ・ファンへの訣別の歌だった(50周年盤『ジョンの魂』を聴いて)。

アルバム『ジョンの魂』のジャケット。 ジョン・レノンがビートルズ解散後、はじめて出したソロ・アルバム(それまでの実験作はのぞいて)が『Plastic Ono Band(邦題:ジョンの魂)』。1970年に発売された。 ジョン・レノン=ギター、ピアノ。 クラウス・ブ…

映画『騙し絵の牙』〜「ディスカバー・ビートルズ(最終回)」(3月28日)。

新河岸川の桜。 日曜日は、天気が悪くなる、というので、桜見物は、前日の3月27日に新河岸川(川越、氷川神社裏)へいってみた。 コロナ以前は、川沿いにずっと桜が咲いているので、ビールを飲みながら、散歩がてらよく歩いたが、今年はお店も出ていない。 …

リバプールで、ビートルズと人気を二分したといわれるゲリー(ジェリー)&ペースメイカーズのこと

ゲリー(ジェリー)・マースデン 「ジェリー・マースデン逝去」という報道をみて、「アップル・ミュージック」で、ジェリー&ペースメイカーズの曲をひさびさに聴いてみる。 ★ リバプール出身で、ビートルズを追いかけるようにしてデビューした人気グループ…

リンゴ・スターは、真の天才ドラマー!(動画紹介です)

リンゴ・スターのドラムはすばらしい! なんていうと、、、 「なにをいまさら」とおもうかもしれないけど(笑)、ビートルズ・ファンでもリンゴの凄さをわかってないひとが多すぎます。 なにかというと、ジョンとポールのふたりの天才でビートルズを語ろうと…

ジョージ・ハリスンを忘れてはいかんがな(笑)。

ポール、リンゴ、ジョンとつづいたら、最後はこのひと、ジョージ・ハリスンの話題。 いま、ジョージ・ハリスンのアルバム『オール・シングス・マスト・パス』のタイトル・ソング「オール・シングス・マスト・パス」の新しいミックス音源が公開されています。…

ピーター・ジャクソン監督『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』の特別映像が公開!(追記あり)

1年延期でがっかりした、ビートルズの新しい映画『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』(ピーター・ジャクソン監督)の特別映像がYouTubeで見られますよ。そりゃ、編集でどうにでもなるだろうけどさ‥‥とはいえ、四人のたのしそうな姿は、ビートルズ解散間近な…

またもやうれしいニュース!〜リンゴ・スターの先行シングル「ヒアズ・トゥ・ザ・ナイト」は、ゲストが豪華!

リンゴ・スター、80歳。若い! このところ、わたしは音楽ネタの記事が多いですけど、ビートルズ・ファンとしてはそれだけうれしいことが重なっているんです。こんどは、リンゴ・スターです。 マイ・フェイバリット・ドラマー、リンゴの新譜です。 2021年に『…

ジョン・レノンが亡くなって40年。

誕生日のときにもおもったけど、今年はジョン・レノンの80歳の誕生日の年。そして40回目の命日。 最近、その日がきても何もとくべつなことをしないで、「ああ今日あのことが起こったんだな」とおもうくらいですが・・・今年は、ジョンが生きた40年と同じ歳月…

ポール・マッカートニーの新譜『マッカートニー III』が12月18日に発売!!

マッカートニーIII (通常盤)(SHM-CD)(特典:なし)アーティスト:ポール・マッカートニー発売日: 2020/12/18メディア: CD 当初12月11日に発売の予定だったポール・マッカートニーの新作『マッカートニー III』は、1週間遅れて、12月18日に発売される予定。 NO.1…

エディ・ヴァン・ヘイレン死す(65歳)!

若いときのエディ・ヴァン・ヘイレン(YouTubeから拝借)。 kagenogoriさん、エディ・ヴァン・ヘイレンが亡くリましたね。65歳、癌だそうです。 ギタリストって、「男は黙ってサッポロビール」みたいな内省的なイメージがあるんだけど(きっとエリック・クラ…

ジミー桜井氏の「レッド・ツェッペリン・トリビュート・ライブ」を配信で見る。

「世界で一番ジミー・ペイジに近い男」ジミー・桜井氏。 9月23日、水曜日。雨模様。 天気がよくないので、終日家を出ず。 午前、尾崎一雄の小説を読んで、疲れると、望月衣塑子さんと佐高信さんの対談『なぜ日本のジャーナリズムは崩壊したのか』を読む。対…

デイブ・クラーク・ファイブ主演映画『五人の週末』が見たい!

デイブ・クラーク・ファイブ。 ★ 20年くらい前かな、むかしビートルズと時を同じくして登場したイギリスのバンドを聴きなおしてみたくなった。 ハニー・カムズ、スインギング・ブルージンズ、スペンサー・デイビス・グループ、アニマルズ、サーチャーズ、ピ…

『ビートルズ・クラシックス』〜小説『夜の果てまで』〜映画『オフィシャル・シークレット』(8月30日)。

8月30日、日曜日。暑い。 ギャヴィン・フッド監督、キーラ・ナイトレイ主演の『オフィシャル・シークレット』を見たかったけど、埼玉県では、新都心の「MOVIX さいたま」しかやってない。 クルマで40分ほど走って、新都心へいく。 クルマのなかで、きのうこ…

「ディスカバー・ビートルズ」(FM-NHK)を聴いて。

日本武道館でもビートルズはシャウトしてくれたけど、警備が厳重で、ファンは十分に自分を解放して叫ぶことができなかった。 これはブログというよりツイッター的な記事です。 いま、NHKの「ディスカバー・ビートルズ」で、ビートルズがシャウトする特集をや…

伊豆田洋之さんが歌うポール・マッカートニー(つるひめさんへのコメントの続き)。

この記事は、つるひめさんへのコメントの続きですが、あとで自分が検索しやすいようにコメント欄ではなく、本文のなかで、伊豆田洋之さんのライブについて書かせていただきました。 ひめ↓ 他には、沿線のライブハウスでだいぶ前にやはりポール似で評判の伊豆…

初めてみた動くビートルズはこれ!!

1964年は、わたしにとってビートルズ元年。 その夏に松竹セントラルという映画館でかかったリチャード・レスター監督『ビートルズがやってくる ヤア!ヤア!ヤア!』で、初めて動くビートルズを見た、ってふだんいってるし、自分でもそう思い込んでいるけれ…

ジェフ・ベック&ジョニー・デップがジョン・レノンの「Isolatin 」をカバー!

「Isolatin 」は、ジョン・レノンが1970年に発表したアルバム『John Lennon/Plastic Ono Band』(邦題:『ジョンの魂』)に収録。とても音数の少ない作品集で、ジョンは俳句のようなアルバムだといっています。 参加メンバーは、ジョン・レノン(ピアノ、ギ…

藤本国彦著『ゲット・バック・ネイキッド 1969年、ビートルズが揺れた22日間』を読む。

映画『レット・イット・ビー』のワン・シーン。これがいっぱんに「ゲット・バック・セッション」といわれている。 ★ 6月4日、夕方。 携帯電話(折りたたみ式)の画面が点滅を繰り返し、通話もメールもできなくなった。家に電話する用があったので、近くの公…

初期のビートルズに影響を与えた女性、アストリッド・キルヒヘルのこと。

アストリッド・キルヒヘル。 つるひめさんからの情報で、ビートルズのハンブルグ時代に多くの影響を与えたことで知られるドイツ人女性・アストリッド・キルヒヘル(キルヒャーとも表記)が亡くなったことを知りました。81歳(5月20日で、82歳)。 以下、まだ…

リトル・リチャードとビートルズ。

リトル・リチャードとビートルズ。 ブログ仲間のジェレミーさんの記事を読んで、リトル・リチャードが亡くなったことを知りました。87歳。 timeflower.hatenadiary.jp 頭のテッペンから飛び出すような強烈なヴォーカルと、打楽器のように激しく連打するピア…

ジミー・ペイジが、ジミー・桜井氏(MR.JIMMY)のライブを見にきたときの映像がありました。

ジミー桜井。 ジミー・ペイジ。 ★ 4月30日、木曜日。 夕方、伊佐沼公園へ、散歩。伊佐沼を40分くらいかけて1周する。 今日は、沼の水嵩が高い。中央にあるわずかな陸地に、白鷺が数羽休んでいる。 沼の周囲を半分くらいきたとき、太陽が、水面を橙(だいだい…

双子の姉妹(?)「MonaLisa Twins」のビートルズ・カバー。

きのう、YouTubeを見ていたら、おもわぬ映像と音楽がヒットしました。女性ふたりのビートルズ・カバーです。この女性たち、顔がにているから、双子でしょうか? 名前は、MonaLisa Twins。あまりに可愛いビートルズのカバーなので、次々かけて聴き惚れてしま…

「One World: Together At Home」からピックアップ!。

昨夜から「One World: Together At Home」をかけっぱなしで見ていましたが、ポール・マッカートニーやローリング・ストーンズを見逃していました。いまは、YouTubeでそれぞれ検索できますが、ここにも貼っておきます。 あとでイベントの全体をごらんになりた…

エリック・クラプトンの「ホワイト・クリスマス」を聴く。

先日、ラジオのクリスマス特集を聴いていたら、エリック・クラプトンの「ホワイト・クリスマス」がかかった。 「ええっ?」、エリック・クラプトンが「ホワイト・クリスマス」を歌ってんの? 耳をそばだてて、聴く。 まぎれもなくエリック・クラプトンのブル…

映画『ライフ・イットセルフ』と最近のボブ・ディランのこと。

12月7日、土曜日。 つるひめさんのブログで紹介されていた映画『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』を見にいく。ひめのブログ記事で目をひいたのは、ボブ・ディランのアルバム『タイム・アウト・オブ・マインド』(1997年)から数曲がつかわれている、と…

ビートルズ解散前に、ジョン・レノンが単独でやったライヴ映像。

『平和の祈りをこめて〜ピース・ライブ・イン・トロント』のジョン・レノン。 番外記事です。 ジェレミーさん、つるひめさんと「解散前後のジョン」というテーマで、意見交換しましたけど、わたしがコメントで紹介しました解散前のジョン・レノンの単独ライ…

映画『イエスタディ』ではなく「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の話ですが・・・。

「ストロベリー・フィルズ」の門。 11月1日、金曜日。 もう一度、近くの映画館「イオンシネマ板橋」で、ダニー・ボイル監督、リチャード・カーティス脚本による『イエスタディ』を見てきました。 見る前はそれほど期待していなかったこの映画が、つるひめさ…

「Glow Old With Me」について、リンゴ・スターのコメント。

「ビートルズ・クラブ」の会報誌「The Beatles」11月号に、「Glow Old With Me」について、リンゴのコメントが掲載されています。 一時期は、メンバー4人ともが、ビートルズから自分を引き剥がそうとした時代がありましたが(1970年代)、時間を経るとともに…