かぶとむし日記

映画、音楽、本の感想を中心に日記を更新しています。

一歩まちがえば、よくある映画なのに‥‥

クリント・イーストウッド監督ミリオンダラ・ベイビー飯田橋の佳作座で見てきました。

映画の内容は、2つに分かれています。

前半のストーリーは、止血の達人でもあるトレーナー(クリント・イーストウッド)が、無名女性ボクサー(ヒラリー・スワンク)を、チャンピオン挑戦者にまで育てあげる話。

順調すぎるくらい、女性ボクサーは連戦連勝で、次々相手をノックアウトしていきます。

ところが、彼女は、チャンピオン戦を、ほぼ勝利しながら、一瞬の隙を見せた時、相手の反則パンチを受けて、リングに用意された椅子の上に倒れこんでしまいます‥‥。

映画後半は、ベットから動けなくなった女性ボクサーと、トレーナーの濃密な人間ドラマ。

簡単な紹介ですが、これ以上は、これから見るひとのネタバレになりますので‥‥(笑)。

ミリオンダラー・ベイビー [DVD]
こう筋を書いてみても、ちっとも面白そうな気がしません(笑)。頑固な敏腕マネージャーが、無名のボクサーをチャンピオンに育てあげる、なんてよくあるストーリーですよね。さらに、主人公の女性ボクサーが障害者となってからの後半は、センチメンタルなメロ・ドラマになりかねない要素がたっぷり。

でも、いいんですよ、これが(笑)。まず、3人の俳優がいい。クリント・イーストウッドの演出なのか、役者の演技は抑制されて、観客に安価な涙を要求するようには、つくられていません。

顔の表情の小さな変化だけで、感情を表現するクリント・イーストウッドは、やっぱりすばらしいと思いました。

さらに女性ボクサーを演じたヒラリー・スワンク。女性ボクサーというタフな役柄ですが、笑う表情が美しいですね。

そして、元チャンピオンの黒人ボクサーを演じたモーガン・フリーマン。彼が登場するだけで、ストーリーが厚みを増すような気がします。ただ役柄の解釈がカッコよくキマリすぎていて、類型的な印象がしなくもありません。こういうタイプの登場人物は、アメリカ映画では、過去におなじみすぎるのです。

とはいえ、「ミリオンダラ・ベイビー」は、見て損のない秀作でした。