かぶとむし日記

映画、音楽、本の感想を中心に日記を更新しています。

野田増税内閣の茶番(一年の締めくくりだから、ちょっと)


このブログで政治ネタはやらないつもりだったけど、あまりにもひどいので、一言。


あの政権交代は、なんだったのだろう?


マニフェストは、ことごとく破棄されていく。


野田首相は、消費増税を「不退転の覚悟」で取り組む、という。


国民への増税は、「不退転の覚悟」で取り組むけど、自分たちの年末のボーナスは引き上げた、というから、茶番としかいいようがない(笑)。


公務員改革と国会議員の定数削減には「不退転の覚悟」はないらしく、ずるずると先送りされて、一向に見通しが立たない。


そして、、、


最大の茶番劇は、原発事故の終息宣言。


いまも放射能を放出しつつある福島第一原発・・・「原発事故が終息した」とは、誰もおもってないだろう。


こんな見え透いたウソを、涼しい顔で、世界や国民に向けて発信する野田内閣の「社会保障と税の一体改革」を、誰が信じるのか。