かぶとむし日記

映画、音楽、本の感想を中心に日記を更新しています。

ジャッキー・ウー監督『ばあばは、だいじょうぶ』を見る(5月11日)。

f:id:beatle001:20190517125016j:plain


5月11日、土曜日。


地元の映画館でやっていたので、ジャッキー・ウー監督、富士真奈美主演の『ばあばは、だいじょうぶ』という映画を見にいく。9時10分からの上映で、少しいつもより早起きした。





映画『ばあばは、だいじょうぶ』予告編


認知症になってしまった大好きな祖母の姿を、小学生の男の子の視点から描いたベストセラー絵本「ばあばは、だいじょうぶ」を映画化。


両親とばあば(祖母)と4人で暮らす、ちょっと気弱な小学生の翼は、どんなときでも励ましてくれるばあばが大好きだった。しかし、ばあばは最近「わすれてしまう病気(認知症)」にかかってしまい、何度も同じ質問を繰り返したり、得意だった編み物もできなくなったりしていた。


そのほかにも、急に怒り出したり、大切にしていた庭の植物を枯らしてしまったり、優しかったばあばがなんだか怖くなり、近づけなくなってしまう翼。そんなある日、ばあばが靴も履かずに家を出て行ってしまい……。


(「映画.com」より)
https://eiga.com/movie/90381/


絵本が原作というのは知らずに見にいく。だから、認知症の問題をもっと鋭く追求した作品ではないか、と勝手におもっていた。


仲のいい祖母と孫。しかし、ばあばが年をとると、だんだん怖くなっていく。別の人格になってしまったようにおもう。


わたしにも、記憶がある。


わたしは、おばあちゃん子で育てられて、「おばあちゃん子、三文やすい」という言葉をよく誰からかにいわれた。


けれど、晩年の年とった祖母を怖いとおもったこともある。いつからか祖母の部屋は、異臭がするようになった。


子供は残酷。


祖母がわたしの好きな食べ物を出してくれてもなにか汚く感じられて、食欲がわかなかった。祖母をだんだん敬遠するようになった。


そんな記憶があるので、映画のなかのばあばの認知症がすすみ、異常な行動をするようになり、子供がそれを怖く感じるところまでは共感できた。


でも、それからがつまらない。


失踪したばあばに、子供が「ばあば、ごめん」とあやまって、そこからどんどん美談になっていく。


子役の演技も、くさくてがっかり。


ほんとうの問題は何も解決してないのに、祖母と孫のセンチメンタルな泣かせ映画になってしまう。


子供用の映画なら、そういうサインを見るまえに情報として与えてほしかった、なんて勝手な文句もいいたくなる(笑)。



映画を見てから、そのまま川越へ帰る。

中国映画『芳華 Youth』を見る(5月7日)。

f:id:beatle001:20190515123311j:plain


5月7日、火曜日。新宿武蔵野館へ、フォン・シャオガン監督の『芳華(ほうか)Youth』を見にいく。


川越を出るのが遅くなったので、上映前(12時50分から)にコーヒーを飲む時間をつくれず、映画館へ直行する。




『芳華-Youth-』本予告



「唐山大地震」「戦場のレクイエム」の名匠フォン・シャオガンがメガホンを取り、「シュウシュウの季節」のゲリン・ヤンが原作・脚本。


76年、夢と希望に溢れる17歳のシャオピンは、歌や踊りで兵士たちを慰労し鼓舞する歌劇団・文工団に入団する。農村出身で周囲となじめない彼女にとって唯一の支えは、模範兵のリウ・フォンだった。


しかし、時代が大きく変化する中で起きたある事件をきっかけに、2人の運命は非情な岐路を迎える。


(「映画.com」より)
https://eiga.com/movie/88659/


フォン・シャオガン監督の映画を見るのは、『唐山大地震』(2015年)以来、2本目。『唐山大地震』も『芳華 Youth』も、時代の流れのなかで、人間たちが翻弄される大河ドラマ的な作品。


1970年代、文化大革命中越戦争(中国とベトナムの戦争)など国家の激動の時代に生きた若者たちの半生が描かれていく。


この映画には、「文化大革命」や「中越戦争」への批判的な視点ははいっていない。言論の自由が制御されている国では、そういう映画はつくれないのかもしれない。



兵士や同志を慰労する歌劇団の若者たちの、のびのびとした肢体に前半は目を奪われる。健康いっぱいの若者たちは、エロティックな美しさがある。


この映画の前半は、青春の輝きが歌劇団の歌や踊りで描かれる。しかし、ほんの小さな言動や失敗を契機に、若者たちは配属先を変えられていく。


そこには、歌劇団の美しい輝きとはまるでちがう中越戦争の前線がある。


容赦なく爆弾が投下され、仲間たちが次々に死んでいく。


前線につくられた簡易病院には、全身を砲弾でやられた血まみれの兵士たちがどんどん送り込まれてくる。


看護団に転属したヒロインのホー・シャオピン(ミャオ・ミャオ)は、次々に運ばれてくる手や足をうしなった兵士に手当てをしながら、しだいに心を病んでいく。


ヒロイン・ホー・シャオビンがひそかに憧れていたリウ・フォン(ホアン・シュアン)は、ある恋愛事件の発覚から、中越戦争のまっただなかの戦場へ配属され、砲弾の飛び交う激しい戦いのなかで片腕を失う。


歌劇団の美しい舞踏と激しい戦争との対照が、1本の映画のなかに明暗鮮やかに描かれる。


映画が訴えるのは、青春の輝きは永遠でないこと。そして戦争はおわっても、そこで失ったものはとりかえせないこと。


エンディング近くになると、貴重をなものを失ってしまった、若者たちの喪失感が、わたしにも、強い感動で伝わってきた。



紀伊国屋書店裏の「磯丸水産」で、ホッピーとまぐろ丼の、遅いお昼を食べて、アパートへ帰る。

今泉力哉監督『愛がなんだ』を見る(5月3日)。

f:id:beatle001:20190510110032j:plain


5月3日、金曜日。


憲法記念日


夕方から飲み会があるので、そのまえに1本映画を見たいとおもって、ネットで探す。


飲み会の場所に歩いて10分くらいで行ける「テアトル新宿」で、今泉力哉監督、岸井ゆきの主演の『愛がなんだ』が、ちょうどいい時間にやっていたので、見にいく。




「愛がなんだ」予告編



28歳のOL山田テルコ。マモルに一目ぼれした5カ月前から、テルコの生活はマモル中心となってしまった。仕事中、真夜中と、どんな状況でもマモルが最優先。仕事を失いかけても、友だちから冷ややかな目で見られても、とにかくマモル一筋の毎日を送っていた。


しかし、そんなテルコの熱い思いとは裏腹に、マモルはテルコにまったく恋愛感情がなく、マモルにとってテルコは単なる都合のいい女でしかなかった。


(「映画.comより」)
https://eiga.com/movie/89323/


主演の岸井ゆきのは、森ガキ侑大監督『おじいちゃん、死んじゃったって。』(2017年)という、おじいちゃんの葬儀に集まった家族たちを淡々と描いた作品を見て、印象に残った。


ふつうの日常のなかに生きる女性を演じていても、どこかコミカルなところのある女優だった。その可笑しみがわざとらしくない。それがよかった。


今回は、一方的にマモル(成田凌)を恋して、しかも恋愛対象として見てもらえないさびしい女性・テルコを演じている。けど、岸井ゆきのが演じるとジメッとした感じがなくて、哀しいけれど可笑しみがある。


おもしろいのは、岸井ゆきのが好きなマモルは、年上のちょっと崩れた女・すみれ(江口のりこ)が好きで、テルコには冷淡なのに、すみれに何か頼まれるとせっせといわれたとおりに奉仕する。


ボタンのかけちがう3つのカップルが描かれて、どれも一方的で気の毒だけれど、深刻にはならない。


映画が終わる頃には、それぞれがそれなりの関係に落ち着いていくような希望がみえる。


マモルが好きな年上の女を演じた江口のりこ、存在感があっておもしろい。冷淡にみえるのは、性格が冷たいからではなく、男に隷属していないだけで、じつはテルコにはやさしかったりする。


はじめ、「なんでこんな女をマモルは好きなんだろう?」とおもっていたテルコも、だんだんすみれに好感をもっていく。男に依存しないすみれを、江口のりこが自然に演じている。


原作は、角田光代。まだ読んでない。


この作家、平凡そうなテーマでも、切り口でおもしろく見せるコツを知っているような気がする。



映画がおわって、新宿西口の居酒屋へいく。午後4時に集合。


先にYさんとみほーさんがきていた。しかし、お店が開店するのは、午後5時から。喉の渇きが強くなる。


少し遅れて、幹事のリエさんがくる。


午後5時までは待たず、30分前くらいには、お店の準備ができたので、ハイボールで乾杯する。