かぶとむし日記

映画、音楽、本の感想を中心に日記を更新しています。

『ボヘミアン・ラプソディ』を見ながら考えたローリング・ストーンズ分裂危機のこと。

f:id:beatle001:20181207133707j:plain
左から、チャーリー・ワッツキース・リチャーズミック・ジャガーロン・ウッド


11月11日に『ボヘミアン・ラプソディ』を見たときは、公開からまもなかったので(11月9日公開)、これほど評判になるとは予想していなかった。だいたい音楽映画はそこに登場するミュージシャンのファンが見るものなので、観客は限定されているイメージがある。


それがいま、爆発的といえるくらい観客を動員している。リピーターもふえている。クイーンを聴いたこともないひとが見にきているという。


この爆発的人気はなんだろう?


今回見にいった12月3日は、月曜日。平日の2回目の上映だったが、客席はごく前の方の席はあいているが、7〜8割くらいの埋まり方。評判の映画でも、ガラガラで見ることが多いので、この熱気ぶりはすごい。


最初にこの映画を見てから、クイーンの楽曲のよさにあらためて目覚め、クルマのなかなどでよく聴くようになった。そして、あらためて独創的で、類似するバンドが思い当たらないな、っておもう。この映画をキッカケにたくさんのクイーンの音楽ファンが開拓されるのでは。



映画のなかで、フレディが高額のギャラをつまれ、ソロ活動をやろうかと考える、バンドの危機を描いたシーンがある。


これと類似したことが、同じ時期にローリング・ストーンズでも起きている。きょうは、クイーンではなく、その話。


当時、ミック・ジャガーははじめてのソロ・アルバム『She's the Boss』(1985年)を発表。


キース・リチャーズストーンズのツアーをやろうというのを蹴って、ミックは、ソロ・ツアーに乗り出した。


ミックのワールド・ツアーは、はじめはソロのナンバーを中心に組まれていたようだけれど、観客の反応がイマイチで、だんだんストーンズの曲が多くなっていったようだ。


わたしは、ニュースなどをチェックして、ローリング・ストーンズのツアーを蹴ってまでして、結局、ソロ・ツアーでストーンズ・ナンバーを中心に構成するのはなっとくがいかない、とおもった。


そのとき、ミックは、日本にも来日しているが、見にいっていない。わたしはミック・ジャガーではなく、ローリング・ストーンズを見たかったのだ。


キース・リチャーズは、カンカンにミックを怒っていて、「奴をやめさせても、おれはストーンズを続ける」とインタビューで語っていた。


「シンガーは、バンドのフロントで歌っていると、このバンドは自分ひとりのものだって錯覚するんだ」と分析した。


また、
「ミックが、チャーリー(ワッツ)に、『おい、おれのドラマー』、って上目線のものいいをしたとき、チャーリーは、『なんだ。おれのシンガー』といってた(笑)。チャーリーは、おとなしいけど、そういうやつなんだ」、キースは笑いながら、そんなエピソードも話していた。


キースの場合、もってまわった言い方はしないから、怒りも直接的だ。わたしは、とうとうストーンズも分裂するのか、とおもった。キースは、ストーンズは解散しない、というからたぶんミック・ジャガーが脱退することになるのだろう。しかし、ストーンズのヴォーカルがミックではなくなる、というのはちょっと想像しにくかった。


ミックのソロ『She's the Boss』が成功したら、あの1985年にストーンズは、ミックが脱退したのかもしれない。しかし、ミックのソロへの挑戦ははかばかしくなく、フェイド・アウトしていく。


そんな状態だったので、「ライブ・エイド」には、ミックは単独で出場し、キース・リチャーズロン・ウッドは、アコスティック・ギターでボブ・ディランのバック・ミュージシャンとして出場している。


ストーンズのその後は、ミックとキースが和解して、ストーンズは現在も継続している。和解の詳細はわかっていないが、おさななじみの関係であればいいたいことはいいあっても、何かのきっかけで氷解するのかもしれないが、わたしは、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の和解のシーンを想像してしまう。


危機を乗り越えたローリング・ストーンズは、アルバム『スティール・ホイールズ』を発表し(1989年)、本格的に再始動を開始。ワールド・ツアーに出る。


1990年、ついにローリング・ストーンズは、日本に初来日。


ビートルズの初来日は、1966年だった。それから24年も遅い初来日になる。会場は東京ドーム。コンサートの入場料がはじめて1万円の大台にのった。

「吹割りの滝」を見にいく(12月2日)。

f:id:beatle001:20181206112821j:plain
吹割りの滝。




12月2日、日曜日。群馬県の「吹割りの滝」を見にいく。


関越自動車道「川越」インターで高速に乗る。高速は妻が運転したがらないので、わたしが運転。行程、約2時間ほど。帰るまで禁酒だ。


関越道をしばらく走っていくと両側の紅葉がきれいだった。紅とか黄とかの単色でなく、いろいろな色がまじって目をたのしませてくれる。運転なので、写真に撮れないのが残念。


「赤城高原サービスエリア」で、休憩。天気がいいので、遠くの雪をかぶった山々がきれいだった。サービスエリアの端に紅葉している木があったので、写真に撮ってみる。


f:id:beatle001:20181206114511j:plain
赤城高原SAから遠い山の景色がよく見えた。


f:id:beatle001:20181206114547j:plain
赤城高原SAの紅葉。



「沼田」インターで高速を降りる。途中、「望郷の湯」という日帰り入浴の温泉があったので寄る。温泉にはいって、昼食。近くにバスの団体客らしいひとたちがいて、ビールで乾杯をしていた。きょうは、運転だから帰りの高速を降りるまでお酒は飲めない。乾杯を横目に見ながら、ご飯を食べる。


「吹割りの滝」も、紅葉が見頃のころは混雑するのだろうが、少し時期が過ぎていたので、道路も観光客もそれほど混雑していない。


道端に売店がひしめくなかを、滝まで歩く。


f:id:beatle001:20181206114645j:plain
滝へいく道に売店がひしめくように並んでいる。


f:id:beatle001:20181206114734j:plain
滝までの道に見える険しい岩肌。


f:id:beatle001:20181206114925j:plain
吹割りの滝01


f:id:beatle001:20181206120615j:plain
吹割りの滝02


f:id:beatle001:20181206115011j:plain
滝の右手に虹が出ている。



帰りの高速も、東松山あたりまでは順調だったが、だんだん混みはじめたので「西坂戸」インターで降りたら、下道も混んでいた(笑)。


一般道を、坂戸、若葉を抜けて、川越の家へ帰る。

映画『エリック・クラプトン 12小節の人生』を見にいく(12月1日)。

f:id:beatle001:20181204124730j:plain


12月1日、土曜日。わたしたちシルバー世代には関係ないけど、映画を安く見られる日だ。


きのう、息子からも「クイーンの映画よかったね。明日クラプトンの映画を見にいくよ」っていう電話がある。見る映画館が同じなら合流しようと聞いてみたら、他の用もあって別の映画館だったので、いっしょに見ることにはならなかった。



池袋で妻と待ちあわせて、渋谷の「シネクイント」へ、『エリック・クラプトン 12小節の人生』を見にいく。



「エリック・クラプトン~12小節の人生~」予告編



「ギターの神様」とも称されるエリック・クラプトンの激動の人生を追った音楽ドキュメンタリー。関係者インタビューを極力入れず、ヤードバーズ、クリームなどのバンド期、そしてソロ活動の未発表映像を中心にした映像群のほか、私的な日記、手書きの手紙、デッサンなどを貴重な資料をひも解き、本人によるナレーションでクラプトンの人生を描いていく。


さらにジョージ・ハリスンジミ・ヘンドリックスB・B・キングザ・ローリング・ストーンズザ・ビートルズボブ・ディランなどの貴重なアーカイブ映像も盛り込み、クラプトンと彼を取り巻く人びとからその時代が切り取られる。


(「映画.com」より)
https://eiga.com/movie/89321/


公開が決定する前から楽しみにしていた映画。エリック・クラプトン自身、少し自分のことを赤裸々に語り過ぎて恥ずかしかった、というようなことを試写会を見た感想でいっていた。


エリック・クラプトンには詳細に自分自身を語った自伝(映画以上に、詳細な事実を語っている)があるので、それ以上の情報はないが、映像と音楽で、エリック・クラプトンの音楽的変化や、ドラッグ、酒、女性関係が語られていくと、本にはない迫力がある。


母とイギリスに駐留していたカナダ兵とのあいだに生まれた、エリック。日本では、戦後、駐屯していたアメリカ兵と日本女性とのあいだに生まれた子供も多かったので、それを連想すると状況が想像しやすい。カナダ兵と母は、結婚せず、母は別の男性と結婚するので、エリックは祖父母に育てられる。


幼少期、母を失った心の陰りがエリックを孤独な少年に育て、やがては魂の呻きを表現するブルース・ミュージックに導いていく。


はじめにはいったヤードバーズが、音楽的に、ブルースからポップ路線に切り替え、大ヒット曲を出したことで、エリックはこのバンドをあっさり辞めてしまう。


このころのエリックは、ギターひと筋、修行僧のように自分にもバンドにも、厳しい。


次に、白人ブルースの父ともいえるジョン・メイオール率いるブルースブレイカーズに参加。この時代に、ギタリスト、エリック・クラプトンはすばらしい演奏を残している。アルバム『Blues Breakers with Eric Clapton』は、いまもわたしの愛聴盤の1枚である。若き日の、エリックのギターが圧巻で、誰からともなく「Eric is God」といわれるようになったのはこのころ。カミソリのように鋭いエリック・クラプトンのギターを堪能できる。



そのブルースブレイカーズもアルバム1枚出して、脱退。伝説のバンド、クリームを結成。高度なテクニックを駆使し、即興演奏を得意とするはじめてのハード・ロック・バンド。ギター、ベース、ドラムスだけで、奔放なプレイを展開して、数年の活動にもかかわらず、一気に伝説的なバンドとなる。


ライヴ・クリームVOL.2

ライヴ・クリームVOL.2


クリームは、ベースのジャック・ブルースとドラムスのジンジャー・ベイカーの仲が悪く、まもなく解散。ハード・ロック・バンドはしばらく空席ができてしまう。それを本格的に埋めることになるのが、のちに登場するレッド・ツェッペリンだが、それはまた別のものがたりになってしまう。


エリックは、その後スティーヴ・ウィンウッドと組んでブラインド・フェイスを結成。フロントをスティーヴ・ウィンウッドに譲り、後ろで静かにギターを弾くエリックの姿が、クリームからのファンにはさびしい。


あとから聴くとブラインド・フェイスはすばらしいバンドだったが、クリームの後継を求める当時のファンには届かず、まもなく解散。


スーパー・ジャイアンツ

スーパー・ジャイアンツ


その後、「レイラ」が収録された名盤『デレク&ドミノス』が誕生して、エリックは、音楽的に順調なようにおもえるが、このころからドラッグやアルコールの問題がついてまわるようになる。


LAYLA & OTHER ASSORTED

LAYLA & OTHER ASSORTED



素直に自分以上のギタリストとして賞賛するジミ・ヘンドリックスは、同志のような存在だった。そのジミ・ヘンドリックスの死に、エリックは号泣する。そして、ジョージ・ハリスン夫人、パティ・ボイドへの片想いも、エリックを苦しめる。


しばらくして、パティはジョージからエリックのもとへ走るが、すでにエリックは深刻なアルコール依存症に陥っていて、パティ・ボイドもそれにまきこまれる。エリックとパティの地獄のような結婚生活は、むしろパティ・ボイド自伝に詳しい記載がある。


パティ・ボイド自伝 ワンダフル・トゥディ

パティ・ボイド自伝 ワンダフル・トゥディ


1974年にエリック・クラプトンは初来日した。そのときの酔っ払ったエリックの姿はいまでも記憶している。妙にはしゃいでいる。黙々とギターを弾くイメージとはちがっていた。観客のひとりが靴をステージに投げた。わたしの席からはその靴が男性ものか女性ものかわからない。でも、その靴を両手でかかえてふざける姿は、異様な感じがした。


とはいえ、エリックは十分かっこよかった。エリックが、エレクトリック・ギターで鋭いフレーズを弾きはじめると、日本武道館の観客は騒然となった。



映画で見られるエリック・クラプトンの音楽の変遷はここまで。長いそれからのソロの歩みは、区切りがつけにくいのかもしれない。それがものたりなくもある。


ここからはパティとの別れ、息子の死、あらたな結婚と娘たちの誕生。


苦しみを刻んでブルースを演奏してきたエリックに平穏な日常がおとずれる。


アルコール依存症を克服。みずから、アルコール依存症患者の社会復帰を手助けする施設を設立し、定期的にチャリティ・コンサートをひらき、資金援助をする現在に近いエリック・クラプトンの姿が描かれる。


最初のほうで、ブルース・シンガー、マディ・ウォーターズが、「白人のブルースはにせものだ。おれのようには歌えない」と、いうような否定的な発言をする。


映画の最後、B.B.キングは、「エリックたちのおかげで、いまのわれわれがある」というような感謝のコトバをエリックに投げる。どちらも、エリックが尊敬してやまない伝説的な黒人ブルース・マンだ。


エリックが登場した60年代と、現在までのあいだに、それだけ黒人ブルース・マンが見る白人ブルース・マンへの評価が変わったことを象徴している。この功績の最先端にいるのが、エリック・クラプトンローリング・ストーンズではないか、とわたしはおもっている。彼らは、音楽を通して、やすやすと人種の壁を乗り越えていった。


こう文章で書いても伝わりにくいことが、映画だからこそわかりやすく、その歩みを見ていくことができる。長々書いたけれど、わたしはエリックの音楽を聴き、彼の映像を見ているだけで、幸せな135分だった。



帰り、渋谷センター街の「天狗酒場」というところへ寄って、ホッピーと日替わりランチを食べて、川越へ帰る。