かぶとむし日記

映画、音楽、本の感想を中心に日記を更新しています。

ボブ・ディランとエリック・クラプトンの共演!(1999年)

f:id:beatle001:20181019131946j:plain


いつも思うんだけど、ボブ・ディランと共演するミュージシャンは、とてもたのしそうに笑う。自分のステージでは、目を閉じて厳しい顔をしながらギターを弾くエリック・クラプトンも、ボブのうしろで演奏していると、なんだか笑いをこらえているような・・・そんな顔をしている。


しかし、ディラン自身は、いつの場合も、あいかわらずぶっちょうづらだ。



E.Clapton - B.Dylan - Don't Think Twice, It's All Right - LIVE


この映像は、エリック・クラプトンが主催する、アルコール中毒患者を更生させる施設を援助するためにおこなわれた「クロスロード・コンサート」(1999年)。ボブ・ディランは、ゲスト出演。


どこかクラプトンがにこにこ顔なのと、途中、ボブがエリックに負けず、ワンパターンのギター・フレーズを弾きまくっているのが、みどころ。


このボブ・ディランの「Don't Think Twice, It's All Right (くよくよするなよ)」は、1963年に発売された『The Freewheelin' Bob Dylan』に収録された人気曲。ディラン自身もたびたびライヴで演奏しているけれど、この曲をカバーするミュージシャンも、むかしからたくさんいる。


まず、歌詞の和訳。

くよくよするなよ


腰をおろして考えこんだってどうにもなりゃしない
しょうがなかったことなんだ
腰をおろして考えこんだってどうにもなりゃしない
いままでにわかっていないようではね
夜明けにオンドリが鳴くとき
窓から見てごらん ぼくはさえてるぜ
きみのせいでぼくは旅をつづけるんだ
くよくよしてもはじまらない、これでいいんだ


あかりをつけてもどうにもなりぁしない
ぼくにはあかりなんてなかったもの
あかりをつけてもどうにもなりぁしない
ぼくは道の暗い側にいるんだから


でも君には何かいうとかするとかしてほしかった
行かないでって ぼくの気持をかえてほしかったんだ
ふたりはあんまりはなしもしなかったんだから
くよくよしてもはじまらない、これでいいんだ


ぼくの名前をわめいたところでどうにもなりゃしない
いままで一度もしなかったことだもの
ぼくの名前をわめいたところでどうにもなりゃしない
もうぼくにはきこえないんだから
道をたどりながら かんがえ おもいつづけている
かつて女を恋した、あんた子どもねといわれた
ぼくは心を捧げたけれどぼくの魂をほしがった
だけど くよくよしてもはじまらない、これでいいんだ


あの遠い、さびしい道を、ぼくはあるいてる
どこへいくか わからない
だけど さよならなんてことばは もったない
だからただこう言う 元気でね
きみがつめたかったなんていうつもりはない
もうちょっとやさしくしてほしかったけどしかたがない
ぼくの貴重な時間をむだにしたようなもんだ
だけど くよくよしてもはじまらない、これでいいんだ


ボブ・ディラン全詩302篇―LYRICS 1962‐1985

ボブ・ディラン全詩302篇―LYRICS 1962‐1985



ボブ・ディランのデビュー30周年コンサート(1992年)には、そうそうたるレジェンドたちが登場し、ボブのカバーを披露した。


出演した主なミュージシャンの顔ぶれ

ジョージ・ハリスンジョニー・キャッシュルー・リードニール・ヤングエリック・クラプトンスティーヴィー・ワンダー、ジューン・カーター&ジョニー・キャッシュ、ザ・クランシー・ブラザーズ、リッチー・ヘヴンズ、ジョニー・ウィンター、ロジャー・マッギン、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ、ウィリー・ネルソン、クリス・クリストファーソンロン・ウッド、クリッシー・ハインド、オージェイズエディ・ヴェダーパール・ジャム)、シニード・オコナー、トレイシー・チャップマンなどなど。


そのなかでも、とくに感動したひとつが、クラプトンが歌う「Don't Think Twice, It's All Right 」だった。切れ味の鋭いギターで、完全に、「くよくよするなよ」がブルースに生まれかわっている。



The 30th Anniversary Concert Celebration - Don't Think twice it's all right with E. Clapton
残念ながら映像がみつからないので、音源だけあげておきます。このギター、鬼気迫るでしょ。大好きなカバー・ソングです。

大森立嗣監督『日日是好日』を見る。

f:id:beatle001:20181017123116j:plain


10月13日、土曜日。板橋の姉の家に泊まった妻と合流、「イオンシネマ板橋」へ、大森立嗣監督、黒木華主演の『日日是好日(にちにちこれこうじつ)』を見にいく。




『日日是好日』予告



公開が決まったときからたのしみにしていた作品。黒木華樹木希林多部未華子、みんな好きな女優ばかり。


公開を待つあいだに、樹木希林の訃報におどろいた。「もうすぐ死ぬ、死ぬ」というやつに限ってなかなか死なない、っていうことを聞いたことがあるけれど、わたしは次々に映画に出演する樹木希林の名演を見ていて、このコトバの気分になっていた。でも、やっぱり癌は全身に転移して、樹木希林のからだを蝕んでいたのだ。



のり子(黒木華)は、生真面目で不器用な大学生(20歳)。母から武田のお茶のお師匠さんは、ふつうに挨拶をしても、姿勢がしゃっきとしている、タダモノではない、とか、そんな話をきく。


のり子は自分では決断がつかなかったが、ちょうど遊びにきていた従姉妹でおない年のみち子(多部未華子)の、「のりちゃん、お茶習おうか」の即断で、「武田のおばさん」(樹木希林)の茶道教室に通うことになる。


決め事がいっぱいのお茶の作法。いちから注意されて、失敗ばかり。そばでいるみち子はそんなのり子を見て、クスクス笑っている。不器用なのり子は、茶道へ通うのをときどきやめたくなったりする。


春、夏、秋、冬が、なんどか茶室から見える美しい庭をとおりすぎていく。


のり子をお茶の教室へ誘ったみち子は、就職してお茶をやめ、その後お見合い結婚して(潔く自分の人生を決断していくみち子に、のり子は、憧れがある)、幸せをつかむ。


のり子は、ひどい失恋を経験し、また新しい恋をして、なんどか迷ったがお茶をやめる決断もつかぬまま武田先生のお茶の教室に通いつづける。新しい後輩が通ってきてやめていく。だんだんにのり子は、教室のなかでベテランのなかまになっていく。それでも、不器用なのり子は、ときどき武田先生から注意を受けてくさったりするが、やめる決断もつかない。


のり子は、44歳になっていた。



のり子を演じた黒木華のめだたないうまさも、だんだんにめだちはじめた(笑)。


地味なキャラクターだな、っておもっていたけど、ちょっと代わりがみつからないようなしっとりとした落ち着きと、どことなく三枚目的なおかしさもまじって、ほかの女優にない魅力が作品ごとに増していく。そういえば、先日見た木村大作監督、岡田准一主演の『散り椿』でも、恋心をうちに秘めた女性を切なく演じていて、見惚れてしまった。出演作も、次々ひかえているようで、たのしみだ。


多部未華子は、目力が強くて、頬がぷっくらふくらんでいて、十代の幼な顔のころから好きだった。今回の映画では、優柔不断なのり子と対照的な、なにごとも決断の早い女の子を演じている。顔や姿はあたりまえだけれど、すっかりおとなのきれいな女性に成長している。


樹木希林は、是枝裕和監督の『万引き家族』では、入れ歯をはずして、貧しい家族のあやしげな老婆を演じていたが、この『日日是好日』では、おっとりとしたなかにもキリッとした気品のあるお茶のお師匠さんを演じている。これが『万引き家族』と同じ俳優か、っておもう。じつに、なんとも風格があって、タダモノではない。


ほとんど茶室の畳にすわって、動く演技がすくないから、その佇まいの品格が観客をなっとくさせなければならない役どころ。静かな動き、弟子を的確に注意するタイミングなど、あんまり完璧で、このひとずっと茶道をじっさいに教えてたんじゃないか、ってわたしのような茶道をなんにも知らないものは、おそれいってしまう。


美しい庭に季節がやってきて、それが移ろっていく。のり子には、いくつかの人生の転機がやってくるけれど、簡単にのり子のナレーションで語られ、失恋や恋愛の相手は、顔すら映らない。


あくまで、のり子の20歳から44歳の人生の歩みは、武田先生の茶室だけで流れていく。


こんな地味な映画で、よく退屈しないな、っておもうほど静かな作品だけれど、じっくりした余韻をたのしみながら映画館を出た。

浅草を散歩する。

f:id:beatle001:20181009112038j:plain
桜橋から見た隅田川


10月8日、月曜日のつづき。


映画『かごの中の瞳』を見たあと、日比谷から上野へ移動。立飲み「たきおか」へ寄って、ホッピーとおつまみ数点でお昼。


ほろ酔いで銀座線に乗り、浅草へ出る。浅草寺(せんそうじ)周辺は、たくさんのひとでごったがえしていたので、吾妻橋をわたって対岸へ向かう。吾妻橋のうえから、ひさしぶりに隅田川を眺めた。


f:id:beatle001:20181009100444j:plain
吾妻橋、現在。


f:id:beatle001:20181009100209j:plain
広重が描いた吾妻橋


吾妻橋は、身投げの名所だった、といわれる。


落語では、吾妻橋で身投げをしようとする話、「唐茄子屋政談(とうなすやせいだん)」や「文七元結(ぶんしちもっとい)」などがおもいだされる。


「唐茄子屋政談」は、こんな話。


道楽をしつくした若旦那は、親から勘当されてしまう。


無一文になると、「いいわよ、あなたが勘当されたら、わたしが面倒見てあげるから」なんて、いっていた吉原のなじみの花魁も、だんだんに鼻ツマミで邪険になってくるし、「いや若旦那、親父さんに勘当されたらあっしのとこで上げ膳下げ膳お好きなようにお暮らしなさい」なんていってた出入りの頭(かしら)も、「若旦那も、そろそろ頭を下げて家へお戻りなさってはいかかですか」と、冷たいさぐりをいれてくる。


お金はなくなる、人情には失望する、若旦那が身投げをしようと橋の上に立ったのが、この吾妻橋


もっとも現在の吾妻橋は、立派な鉄の橋だけれど、これはたしか昭和になってから建て替えられたのでは(気になってWikipediaで調べたら、関東大震災で焼けた木橋を、1931年(昭和6年)に、現在の橋に建て替えたとある)。


若旦那は、ここで親戚のひと(叔父さん)にひろわれ、行商に出される。背中に天秤棒を背負い、「唐茄子」を売り歩くところから、身を立て直していく、という人情話。原作は、三遊亭円朝


わたしは、身投げはしないで、対岸にわたる。



隅田公園を歩く。


以前酔い覚ましに隅田公園の池のとこのベンチに寝ていたら、えらく騒がしいので、目をさますとすぐ前を若い奥さんたちの団体が、華やかな色のショートパンツをはいて、マラソンをしている。すぐ前を通っていくのだが、ベンチに寝ているわたしをムリに見ないようにして走っていく。このときも、恥ずかしいおもいをした。


f:id:beatle001:20181009100923j:plain
隅田公園の池。


いまは、誰もいない、とおもったら池の向こう側に、青と赤の着物を着たふたりの若い女性が、池の端で、なにか話している。その内容がわからないまま、はなやいだ声がきこえてくる。ちょっと風情があった。


牛島神社、三囲神社(みめぐりじんじゃ)と歩く。三囲神社は、鳥居が隅田川の土手のほうに飛び出ているのが特色で、広重の浮絵にも描かれている。


f:id:beatle001:20181009101033j:plain
いまの三囲神社。


f:id:beatle001:20181009101212j:plain
広重が描いた三囲神社の鳥居。



歩行者専用の橋、「桜橋」をわたって、浅草側へもどる。


運動場のわきを通っていくと、「待乳山聖天(まつちやましょうでん)」へ出る。


ここはむかしの高台、景勝地で、桜の季節など、隅田川の桜が一望できたようだ。浮世絵などではかなり高いちょっとした山のようにえがかれているけれど、実際にいってみるとそれほど高いわけではない。


f:id:beatle001:20181009104051j:plain
待乳山聖天


f:id:beatle001:20181009101610j:plain
待乳山聖天からの眺め。いまは木々に隠れて何もみえない。


f:id:beatle001:20181009101708j:plain
広重が描いた待乳山聖天


参拝客は、みなさん鳥居の前で一礼して石段を登っていくが、わたしは無信心で、礼拝はしないことにしている。失礼して、石段を登り、境内を歩く。



二天門から浅草寺へはいる。途中人力車が3台通ったが乗っているのは、みな外国人(西洋人)だった。


浅草寺(せんそうじ)の境内をひとまわりして、浅草の飲み屋街へ向かう。


f:id:beatle001:20181009102056j:plain
浅草寺をぬけて、飲み屋街へ。


どこかで軽く飲んで帰ろう、と居酒屋をさがしたが、どこも満杯。一軒、ホッピー通りに、ちょっとあいたスペースがあったので、「ひとりですがよろしいですか」とこわごわ聞いてみると、顔に残念そうな表情を浮かべたので、答えはわかった。


それで、競馬中継を見ながら一杯ひっかける立飲み屋さんがあるのを知っていたので(わたしは競馬はやらないが、安いし、ひとりでも入れるので時々寄る)、奥のすき間にいれてもらう。


カレー(ご飯なし)と、やきとんとつくねを肴に、酎ハイとホッピーを飲む。



浅草から上野まで歩いていこう、とおもったが、酔いもまじってけっこう疲れた。途中、田原町から地下鉄にのって上野へもどる。


こんどはすわれるところで飲もうと、再び上野の繁華街へはいる。