かぶとむし日記

映画、音楽、本の感想を中心に日記を更新しています。

朝倉かすみ著『平場の月』を読む。

f:id:beatle001:20190815114108j:plain




8月にはいってから暑い日が続いている。映画館へいくのも、たいぎ。クーラーを効かせて、家のなかに閉じこもる日が多くなる。


怠惰でからだを動かさず、お酒を飲みながらの怠け読書。朝倉かすみの『平場の月』を電子書籍で読み終えた。


電子書籍の「本の情報」では、こう紹介されている。

朝霞、新座、志木――。家庭を持ってもこのへんに住む元女子たち。元男子の青砥も、このへんで育ち、働き、老いぼれていく連中のひとりである。須藤とは、病院の売店で再会した。中学時代にコクって振られた、芯の太い元女子だ。


50年生きてきた男と女には、老いた家族や過去もあり、危うくて静かな世界が縷々と流れる――。心のすき間を埋めるような感情のうねりを、求めあう熱情を、生きる哀しみを、圧倒的な筆致で描く、大人の恋愛小説。


青砥は50歳。病院に胃の検査でやってきたとき、そこの売店で働く須藤と再会する。青砥の中学の同級生で、およそ35年ぶり。中学時代に「コクって振られた」女子だった。


ゆるいふたりの交際がはじまる。青砥は、50歳になった須藤も悪くない、とおもう。お互いに結婚をし、離婚も経験した。


ときどき仕事がおわって居酒屋で飲んだり、須藤の手料理で、発泡酒を飲んだりする。ムリしないところがいい。彼らは、居酒屋でも、そうたびたび外で飲むほど裕福ではない。ふたりが部屋で飲むのは、ビールではなく、発泡酒。そういうこまかな生活感に、この小説のよさを感じる。


青砥は、老人施設にアルツハイマーの母がいる。


「あなたは誰ですか?」
「青砥健将(あおと・けんしょう)です」
「そのひとは死にました」


週一で、母を訪ねると、きまってこんな会話が交わされる。


昔の同級生同士は、いまもお互いを「青砥」、「須藤」と姓を呼びすてにする。渇いた関係のように見えるけれど、やっかいな病気を背負いこんだ須藤に、青砥は純粋に心を捧げていく。


「本の情報」にあるように、大人の恋愛小説。しかし、例えば、渡辺淳一の「おとなの恋愛小説」のように華麗なものはない。豪華なレストランで食事をすることもない。



むかし好きだった女性との再会。甘酸っぱい過去がよみがえる。しかし、目の前にいる女性は中学生ではなく、50年の人生を経験してきた女性。


おとなの須藤には、かしこさとたくましさが備わって、そこに青砥は惹かれていく。


朝倉かすみの文章は、説明が少ない。描写と会話で話をすすめていく。最初、短いページのあいだに場面が飛ぶので、物語の現在地がつかみにくかった。あとから最初の部分を読み返してなっとく。


ふたりの話すなにげない会話が、好き。おとなの会話だが、ムリをしているわけではない。


「須藤」、「青砥」と呼びあうのは、中学生のころと同じでありながら、もちろん同じではない。ふたりには35年の人生が増加されている。


わたしは、青砥や須藤よりも高齢になった。ふたりが若くみえる年齢になってしまった(笑)。

山本太郎、日韓関係に言及する!

f:id:beatle001:20190810075953j:plain



8月1日、新宿西口の「街頭記者会見」で、山本太郎は、数字を示しながら、日韓関係の大切さを説明した。


「韓国死ね!」の聴衆発言にも、きちんと応答。国民の大勢が韓国を非難するなかで、この冷静な意見は彼が周囲に染まらず自分の一貫した考えを持ち続けていることの証しでもある。



山本太郎 れいわ新選組🐾街頭記者会見❸!れいわが始まる❤️【 韓国との関係・輸出の規制と国益】@新宿西口 2019.8.1
最初から10分くらいまで日韓関係に言及しています。そのあとは、テレビというメディアの問題、そして精神障害者当人からの質問に答えています。

山本太郎さん、スキャンダルに気をつけて!

f:id:beatle001:20190809121110j:plain


参院選の結果が出るまでは、まったく「れいわ新選組」を黙殺して、街で起きている現象も伝えなかったテレビが、選挙が終わるや、あちこちの局で話題にしはじめましたね。


テレビ出演した山本代表は、街頭演説に比べると表現を抑制しながらも、テキパキと「れいわ新選組」の政策とこれからの行動を伝えていました。


誰にも忖度してないから、もってまわった言い回しがない。本音だけが次々出てくる。過去にこんな政治家いたかな、っておもってしまう。全体に受ける感じが清潔なんですね。政治家のイメージが変わりました。


山本代表は、9月からまた全国行脚をはじめるという。全国を歩きながら、辻説法で、集まったひとたちの質問を受け、ひとつひとつていねいに自分の考えを伝えていく。



参院選がおわった8月1日、新宿でおこなった「街頭記者会見」では、4億円集まった寄付の使い分けを集まった民衆に説明した。「れいわ新選組」を支えてくれているのはあなたたちだ、といわんばかりに。

4月10日から旗揚げをし、一人一人にご寄付をお願いしました。東京選挙区は入場料だけでも300万円、9人を立てた比例代表は一人600万円の入場料。旗揚げから選挙が終わるまでに4億円の寄付をいただきました。4億円のうち3億円以上、もう使っています。新聞広告、街角の広告ビジョン、新聞折り込み、これだけで1億数千万円飛んでしまいます。大変な金額ですね。そして今残っている金額どれくらいか。約9,000万円です。


(8月1日、新宿の街頭記者会見の一部)


隠蔽も改竄もない(笑)。


もし内田裕也氏が元気だったら、「山本太郎は、ロックンローラーだ!」といったかもしれない。

山本太郎は、貧困、弱者に属する民衆を救おうとしている。「街頭演説」や「街頭記者会見」からビシビシ本気が伝わってくる。


武力ではない革命が起こるかもしれない。この民衆の熱気が次の衆院選まで持続していけば。


警戒すべきは、あることないこと過去にまで遡りスキャンダルを探そうとする政権(内閣情報調査室)や政権べったりの新聞や週刊誌の動き。


山本太郎さん、武力にたよらない革命を期待しています!