かぶとむし日記

映画、音楽、本の感想を中心に日記を更新しています。

手塚眞監督『ぼるぼら』を見る(11月20日)。

f:id:beatle001:20201130122614j:plain




11月20日、金曜日。晴れ。


イオンシネマ板橋」へ、手塚眞監督の『ばるぼらを見にいく。





【大ヒット上映中ver】『ばるぼら』本予告



異常性欲に悩まされている耽美派の人気小説家・美倉洋介は、新宿駅の片隅で、酔っ払ったホームレスのような少女ばるぼらと出会い、自宅に連れて帰る。大酒飲みで自堕落なばるぼらだが、美倉は彼女に奇妙な魅力を感じ追い出すことができない。彼女を近くに置いておくと不思議と美倉の手は動き出し、新たな小説を創造する意欲が沸き起こるのだ。



(「映画.com」から)
https://eiga.com/movie/90280/


出演は、ばるぼら二階堂ふみ人気小説家・美倉洋介に、稲垣吾郎。その他、美倉洋介の担当編集者に、石橋静河


二階堂ふみの魅力は、日常的なドラマより、こういうあやしい役柄を得たときに発揮される、とおもっていたので、たのしみにしていた作品。


けれど実際に見たら、それほど惹かれなかった。


前半は、どういう展開になるのかワクワクしていたし、日常と幻想が交錯するところなど映像的にもおもしろかったが(バックにかかる前衛的なジャズがかっこいい)、後半はだんだんグロテスクになり、見るのがいやになってきた。こういう結末しかないのか。


原作は、手塚治虫のマンガ『ばるぼら』。


Kindle版にあったので、ダウンロードして読みはじめたけれど、マンガは吹き出しの文字がちいさいので読みにくい。それはマンガの文庫本でも同じ。なかなか進まないまま、映画を先に見てしまったので、原作の最後がどうなっているのかわからないまま映画を見てしまった。


手塚治虫の原作は1970年の作品。原作はどうであれ、いま新しい解釈があってもいいのでは。


少年マンガ手塚治虫とはちがう大人向け作品だが、エロティックな感じはしなかった。マンガに登場するばるぼらは、二階堂ふみより、もっと少女だからか。


なぜ美倉洋介が、ばるぼらに魅かれていくのか、きちんと描き切れてないような気がする。


マネキン人形が美貌の女性に化身して、洋介を誘惑する。片山萌美(かたやま・もえみ)、ワンシーンの出番だけれど、印象に残った。


配役は悪くなかった。しかし、全編は、それほどおもしろいとはおもわなかった。



帰り、安いモンゴル料理屋さん「あむ亭」に寄る。遅い昼食は、辛いマーボー豆腐定食。

店内の壁に貼ってもらった「れいわ新撰組」のポスターを見ながら黒ホッピーを飲む(笑)。

やはた愛さんの新しいポスターが発表になりました。

f:id:beatle001:20201129112353j:plain




れいわ新撰組(大阪1区)から出馬予定のやはた愛さんの新しいポスターが公開されました。


やはた愛さんの話では、はじめはもっとふつうの選挙ポスターを考えていたみたいですが、「いや、ふつう過ぎておもしろくないよ」という案がでてきて(誰からか、太郎代表かな?)、最終的にこんなふうになったそうです。


「自分で笑っちゃった。こんなの思いつく? だから、れいわが好きなんや」と、やはた愛さん。


既成概念にとらわれないロックな政党「れいわ新撰組の面目躍如、といった感じ。




f:id:beatle001:20201129114504j:plain




山本太郎代表は、票を捨ててるひとたち、選挙に関心ないひとたちに、興味をもたせ、どれだけ投票所へ足を運ばせることができるか、というところに野党の命運をみている。


やはた愛さんのキャラクターに、山本代表は無関心層からの票の掘り起こしを期待している。

黒木瞳監督『十二単衣を着た悪魔』と三遊亭圓朝作『怪談・乳房榎』(11月18日)。

f:id:beatle001:20201126123257j:plain




11月18日、水曜日。晴れ。


歩いて行ける映画館「イオンシネマ板橋」へ、黒木瞳監督の『十二単衣を着た悪魔』を見にいく。


15時10分から上映がスタート。





映画『十二単衣を着た悪魔』(11.6公開)予告編




三吉彩花十二単衣姿(じゅうにひとえすがた)を見ようと出かけたが、映画が、おどろくほど安普請で、びっくりした。やすっぽいセリフ、陳腐な展開。こんな企画がよく通ったとおもう。出ている役者たちが気の毒になる。


三吉彩花ふんする弘徽殿女御(こきでんのにょうご)が、1000年前の女性なのに強い意志をもった女性で、それが現代女性の先取りのようですばらしい、というのがテーマだろうか。


三吉彩花以外、なにもたのしむものがなかった。



帰り、居酒屋「春日」へ寄る。奥のカウンターへ陣どらせてもらい、さんまの刺身、あん肝、厚揚げをつまみに、生ビール、酎ハイ、ひれ酒、生ビールを飲む。仕上げは、梅茶漬け。


なんどか読んでいる三遊亭圓朝(さんゆうてい・えんちょう)の『怪談乳房榎(かいだん・ちぶさえのき』(速記本)を、Kindle版でひろい読む。







画家・菱川重信(ひしかわ・しげのぶ)の新妻、美貌の「おきせ」が、重信の弟子、磯貝浪江(いそがい・なみえ)の手練手管にあって、ついに夫を裏切って磯貝浪江に靡(なび)いていくさまが刺激的。


夫・菱川重信を尊敬しつつも、悪人とわかりながら磯貝浪江に惹かれてしまう「おきせ」の複雑な心理というか生理を、人間の業として描く三遊亭圓朝の目線がすごい。


話は、磯貝浪江が「おきせ」を独り占めしたい、と考え、逢瀬に邪魔な夫・菱川重信を殺そうと企むところから怪談になっていく。


6代目三遊亭圓生(さんゆうてい・えんしょう)は、この前半の「おきせ口説きをクライマックスにして、あとの怪談はさわりだけで噺(はなし)をおわらせている。


映画より圓朝の「怪談」のほうがおもしろかった。