かぶとむし日記

映画、音楽、本の感想を中心に日記を更新しています。

島村洋子『壊れゆく人』を読む。夜、蛍を見にいく(7月15日)。

f:id:beatle001:20200715125149j:plain
写真は、ネットから拝借。こんな光景を期待していたのに(笑)。




7月15日、日曜日。


老人施設にはいっている義母(妻の母、ただ生母ではない)と会いに、妻の姉、息子のケンちゃん、妻、わたしで訪問。


コロナでずっとなかにはいることを禁止されていたので、ひさびさの接見。


ただ10分間、会うのは三人まで、という規則だったので、わたしはクルマのなかに残る。


読みかけの島村洋子作『壊れゆくひと』Kindle版)を読む。




壊れゆくひと (角川文庫)

壊れゆくひと (角川文庫)




島村洋子氏の文章はとても平易で読みやすいけど、描くものは、けっこうねちっこい。


この作品も、人間は誰もおかしな部分をもっている・・・というのがテーマ。


みんながいいひとだね、というのに、わたしには、そのひとが怖い、というような。


ひとそれぞれ見えている景色がちがうのではないか。


ホラーではないけれど、ちょっと怖い。心の迷路へはいりこんでいくような小説。



中華屋でお昼を食べる。わたしだけ、マーボー豆腐定食にホッピーを追加(笑)。


中華屋の駐車場で、義姉さん、ケンちゃんと別れる。


家に帰ってホッピーを飲みながら、島村洋子著『壊れゆく人』を読了。平易な文章に、読みはじめるとどんどんひっぱられていく。


おもしろかった。しかし、なにかものたりなくもある。



夕方6時に、娘家族と回転寿司で待ち合わせる。平常ならいっぱいではいれない時間だけれど、コロナの影響でちゃんとテーブル席をとれた。


北本市(さいたま県)の自然公園で蛍がみえるというので、娘、その夫、双子(ユウカ、ミーミー)、わたしたち夫婦と、2台のクルマに分乗して出かける。


公園の駐車場へ着いたくらいから、雨が降り出した。クルマに積んであった傘をそれぞれもって歩く。キャンプが好きな娘の夫が、ランタンをもってきたので、自分があずかる。ちびたちは、それぞれヘッド・ランプをつけた。


公園のなかは暗くて、雨で道がぐずぐずになってきた。


それでも、蛍を見にきているひとは多い。次々すれちがうが、早めにきたひとは傘をもっていない。出口へ向かって走る。


足場が悪いし、傘をさしながら狭い道でひととすれちがうのがめんどくさくなったが、だれも(ちびたちも)帰ろうといわないので、ついていく。


蛍は、奥の方で、数匹がとんでいた。もう少し多いと幻想的な光景になるのかもしれないが、数匹では感慨もない(笑)。


そのうち、ミーミーが「暗いのはやだ」とかいいはじめたので、帰る。雨が少し小ぶりになってきた。



日帰り温泉による。


1時間ほど風呂にはいって、娘家族と別れた。

野党共闘の条件は、「選挙後の首班指名で『枝野』と書いていただける可能性がある方」(枝野幸男)

f:id:beatle001:20200710111159j:plain




時事ドットコムニュース」に、こんなニュースが出ていました。

「枝野首相」指名なら一本化 次期衆院選野党共闘で―立憲代表


立憲民主党枝野幸男代表は6日、高知市で記者会見し、次期衆院選野党共闘をめぐり、自身を首相に指名することを、候補者一本化の条件とする考えを示した。「選挙後の首班指名で『枝野』と書いていただける可能性がある方は、自民党公明党の候補者と一騎打ちとしたい」と述べた。


https://www.jiji.com/jc/article?k=2020070601030&g=pol


「あんた、何様?」といいたくなる高慢さ。野党共闘を阻んでいるのは、このひとではないだろうか? 


野党共闘」を実現するには、立憲民主党が、枝野幸男を代表からおろすしかない、そんな気がする発言。

都知事選のあった日(7月5日)。

f:id:beatle001:20200709115037j:plain




7月5日、日曜日。都知事選の日。


すでに期日前投票をしているので、あとは夜の結果待ちだ。


午前、毎日飲むクスリのはいった袋を忘れたので、東京のアパートまでとりにいく。


電車のなかで、太田治子著『明るい方へ、父・太宰治と母・太田静子』Kindle版)を読む。先日まで読んでいた松本侑子著『恋の蛍〜山崎富栄と太宰治Kindle版)につづいて読みはじめる。






恋の蛍―山崎富栄と太宰治 (光文社文庫)

恋の蛍―山崎富栄と太宰治 (光文社文庫)





アパートで小休止して、川越へもどる。


昼過ぎ、息子とその妻と生後8ヶ月の孫(女子)がくる。


本川越のカレー屋で息子が買ってきたカレーでお昼。わたしは、ホッピーを飲みはじめるが、息子は運転があるのでがまん。


わたしがいま太宰治関連の本を読んでいるという話をすると、


息子は、太宰治は亡くなる前に、山崎富栄といっしょに埼玉県の大宮(現在、さいたま市に住んでいた、少し前に、その関連場所を歩いてきたよ、借りていた家とか、太宰が通院していた「宇治病院」とか、通っていた飲み屋さんとかを・・・そんな話をしていた。


そのころ太宰治は、熱海から大宮に移り、晩年の力作人間失格にとりかかっていた。


「大宮なら近いので近くいってみようかな」っていうと、なんかパンフレットあったら送るよ」という。


妻は、孫と遊んでいる。


まだ歩けないが、つかまり立ちをするようになった。わたしと目があうと、声を出さずに泣く。髪の毛は、だれの遺伝かわからないが、クセ毛なのがおもしろい。



息子たちが帰ってから昼寝。


起きて「太宰治と太田静子」を読んでいたら午後8時になったので、テレビをつけてみる。午後8時の時点で、小池百合子の当選確実が出ていたのでテレビを消す。


タブレットで、YouTubeをひらくと、山本太郎さんの記者会見をやっていたので見る。


前半は記者の質問を受ける。


わかりきった質問がつづく。太郎さんが、地方債で困窮しているひとたちや零細事業者たちを救える方法がみつかったので立候補した、根本的にそのことを理解していない。


読売新聞の女性が、「宇都宮さんと1本化すれば、もっと小池さんに近づけたのでは?」という質問には、太郎さんの声が少し荒くなった。


「近くなったら何か意味があるんですか? 勝たなかったら意味がないでしょ」



後半は記者に退席してもらい、ボランティアやこの選挙で応援してくれたひとたちに向かって、直接語りかけた。


地方債(都債)を15兆円発行できることを総務省とのやりとりで確認できた。これを確認するのに時間がかかったので出馬が遅れた。救済方法がみつからなければ、立候補はやめるつもりだった。


都知事になればいろいろなことができる。自分の力が足りなくてそれができないことになってしまった、申し訳ありません。悔しいです、都知事になりたかったなあ、といった。




【山本太郎からみなさんへのメッセージ】 東京都知事選挙 開票センター 2020年7月5日東京 市ヶ谷
ボランティアや応援してくれたひとたちに、太郎さんが直接語りかけた。






午後9時から毎週聴いているFM-NHKの「ディスカバー・ビートルズがあったが、太郎さんの話がつづいているので、最後まで話を聞いた。


「ディスカバー・ビートルズ」は、あした「聞き逃し」サービスで聴こう。


ベッドに横になって、藤沢周平の朗読を聴きながら眠るつもりだったが、はじまるとほとんど同時に寝てしまった。