かぶとむし日記

映画、音楽、本の感想を中心に日記を更新しています。

音楽

ジェフ・ベック&ジョニー・デップがジョン・レノンの「Isolatin 」をカバー!

「Isolatin 」は、ジョン・レノンが1970年に発表したアルバム『John Lennon/Plastic Ono Band』(邦題:『ジョンの魂』)に収録。とても音数の少ない作品集で、ジョンは俳句のようなアルバムだといっています。 参加メンバーは、ジョン・レノン(ピアノ、ギ…

藤本国彦著『ゲット・バック・ネイキッド 1969年、ビートルズが揺れた22日間』を読む。

映画『レット・イット・ビー』のワン・シーン。これがいっぱんに「ゲット・バック・セッション」といわれている。 ★ 6月4日、夕方。 携帯電話(折りたたみ式)の画面が点滅を繰り返し、通話もメールもできなくなった。家に電話する用があったので、近くの公…

初期のビートルズに影響を与えた女性、アストリッド・キルヒヘルのこと。

アストリッド・キルヒヘル。 つるひめさんからの情報で、ビートルズのハンブルグ時代に多くの影響を与えたことで知られるドイツ人女性・アストリッド・キルヒヘル(キルヒャーとも表記)が亡くなったことを知りました。81歳(5月20日で、82歳)。 以下、まだ…

リトル・リチャードとビートルズ。

リトル・リチャードとビートルズ。 ブログ仲間のジェレミーさんの記事を読んで、リトル・リチャードが亡くなったことを知りました。87歳。 timeflower.hatenadiary.jp 頭のテッペンから飛び出すような強烈なヴォーカルと、打楽器のように激しく連打するピア…

ジミー・ペイジが、ジミー・桜井氏(MR.JIMMY)のライブを見にきたときの映像がありました。

ジミー桜井。 ジミー・ペイジ。 ★ 4月30日、木曜日。 夕方、伊佐沼公園へ、散歩。伊佐沼を40分くらいかけて1周する。 今日は、沼の水嵩が高い。中央にあるわずかな陸地に、白鷺が数羽休んでいる。 沼の周囲を半分くらいきたとき、太陽が、水面を橙(だいだい…

双子の姉妹(?)「MonaLisa Twins」のビートルズ・カバー。

きのう、YouTubeを見ていたら、おもわぬ映像と音楽がヒットしました。女性ふたりのビートルズ・カバーです。この女性たち、顔がにているから、双子でしょうか? 名前は、MonaLisa Twins。あまりに可愛いビートルズのカバーなので、次々かけて聴き惚れてしま…

「One World: Together At Home」からピックアップ!。

昨夜から「One World: Together At Home」をかけっぱなしで見ていましたが、ポール・マッカートニーやローリング・ストーンズを見逃していました。いまは、YouTubeでそれぞれ検索できますが、ここにも貼っておきます。 あとでイベントの全体をごらんになりた…

エリック・クラプトンの「ホワイト・クリスマス」を聴く。

先日、ラジオのクリスマス特集を聴いていたら、エリック・クラプトンの「ホワイト・クリスマス」がかかった。 「ええっ?」、エリック・クラプトンが「ホワイト・クリスマス」を歌ってんの? 耳をそばだてて、聴く。 まぎれもなくエリック・クラプトンのブル…

映画『ライフ・イットセルフ』と最近のボブ・ディランのこと。

12月7日、土曜日。 つるひめさんのブログで紹介されていた映画『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』を見にいく。ひめのブログ記事で目をひいたのは、ボブ・ディランのアルバム『タイム・アウト・オブ・マインド』(1997年)から数曲がつかわれている、と…

ビートルズ解散前に、ジョン・レノンが単独でやったライヴ映像。

『平和の祈りをこめて〜ピース・ライブ・イン・トロント』のジョン・レノン。 番外記事です。 ジェレミーさん、つるひめさんと「解散前後のジョン」というテーマで、意見交換しましたけど、わたしがコメントで紹介しました解散前のジョン・レノンの単独ライ…

映画『イエスタディ』ではなく「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の話ですが・・・。

「ストロベリー・フィルズ」の門。 11月1日、金曜日。 もう一度、近くの映画館「イオンシネマ板橋」で、ダニー・ボイル監督、リチャード・カーティス脚本による『イエスタディ』を見てきました。 見る前はそれほど期待していなかったこの映画が、つるひめさ…

「Glow Old With Me」について、リンゴ・スターのコメント。

「ビートルズ・クラブ」の会報誌「The Beatles」11月号に、「Glow Old With Me」について、リンゴのコメントが掲載されています。 一時期は、メンバー4人ともが、ビートルズから自分を引き剥がそうとした時代がありましたが(1970年代)、時間を経るとともに…

リンゴ・スターのニュー・アルバム『ホワッツ・マイ・ネイム』から「Glow Old With Me」が公開されました!

「Glow Old With Me」(ジョン・レノン作曲)には、ポール・マッカートニーもベースとコーラスで参加。リンゴは、淡々と気負うことなく、リンゴ・スタイルで歌っています。 発売の10月25日までもう少し! Grow Old With Me

ビートルズの新しいプロモ映像「ヒア・カムズ・ザ・サン」が公開されました。

アルバム『アビー・ロード』のレコード・ジャケットは、横断歩道を歩くビートルズ。このロンドンにある「アビー・ロード・スタジオ」前の横断歩道は、2010年にイギリスの文化遺産に指定されたとか。 ★ 1969年、ビートルズが最後に製作したアルバム『アビー・…

ビートルズ・トリュビュート・ショー『レット・イット・ビー』を見る(9月28日)。

9月28日、土曜日。晴れ。 「新宿文化センター」へ、ビートルズのトリュビュート・ショー『レット・イット・ビー』を見にいく。 「新宿文化センター」へいくのははじめて。 新宿駅周辺ではなく、東新宿駅のほうにあるというので、あらかじめネットで詳しく調…

リンゴ・スターのニュー・アルバム『ホワッツ・マイ・ネーム』が10月25日に発売!

リンゴとポールの共演。リンゴの新作でも実現! ★ ビートルズ・クラブからの情報によれば、リンゴのニュー・アルバム『ホワッツ・マイ・ネーム』では、ジョン・レノンがテープに遺した未完成のバラード「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」がカバーされ、しか…

ビートルズの日本公演よもやま話〜「ビートルズの演奏は聴こえた、聴こえなかった?」の判定は?

1966年6月29日、ビートルズはとうとう日本にやってきた。いまから53年前だ。 当時あったビートルズの私設ファン・クラブは、ビートルズ来日を嘆願する署名などを集めていたが、強力なツテもなく、実現の見通しはたたなかった。 急激に事態が動いたのは、ビー…

ロックの日(6月9日)の雑談(ストーンズとビートルズ、不良はどっち?)。

左からビル・ワイマン、ミック・ジャガー、チャーリー・ワッツ、ブライアン・ジョーンズ、キース・リチャーズ。 ジョージ・ハリスン、ポール・マッカートニー、ピート・ベスト、ジョン・レノン。 6月9日ののんちさんのブログで、「ねえ、今日はロック(6・9…

ジミー・桜井氏率いる「Led Zeppagain」が再現する1973年のレッド・ツェッペリン!

今読んでいるジミー桜井氏の本について感想を書きたいけれど、まとまった時間がないので、とりあえず彼のステージをアップしておきます。 究極のレッド・ツェッペリン・リバイバル・バンドです(ジミー桜井氏は、現在このバンドを脱退、さらにこだわり尽くし…

ボブ・ディランの「美声」におどろいた『ナッシュルビル・スカイライン』発売から50年。

このレコード・ジャケットからして「らしく」ない(笑)。 わたしは、それまでボブ・ディランは、日本編集版の2枚組みアルバムで聴いていた。1枚目がアコスティック編で、2枚目はエレキ編というふうにわかりやすく構成されていて、英語だけでなく当時とし…

エリック・クラプトンのコンサートを見る(4月15日)。

4月15日、月曜日。きょうはたのしみにしていたエリック・クラプトンのコンサート。午後仮眠して昼酒の酔いをさまし、日本武道館へ向かう。 4月1日、武道館周辺に、「ひとり花見」にきている。それから半月。少しだけ桜の花が残っていた。 ★ エリック・クラプ…

リンゴ・スターのコンサートを見る(4月3日)。

4月3日、水曜日。 きょうは、リンゴ・スター&ヒズ・オールスター・バンドのコンサートへ行く日。 少し早めに三軒茶屋へ着く。 きょう一緒にリンゴを見るYさんと、開場まで時間があったので、ぶらぶら周辺を散歩して、居酒屋を探す。 Yさんが串焼きの居酒屋…

スコット・ウォーカー(ウォーカー・ブラザーズ)の死。

左から、ジョン・ウォーカー、スコット・ウォーカー、ゲーリー・ウォーカー。 最近、わたしの関心のあるミュージシャンがふたり亡くなった。ウォーカー・ブラザーズのスコット・ウォーカーと、元テンプターズの萩原健一さん。 萩原健一さんは、埼玉県のひと…

ブライアン・フェリー、すばらしかった(3月13日)

3月13日、水曜日。 午前「イオンシネマ板橋」で、クリント・イーストウッド監督の『運び屋』を見る(これはまた別に感想をアップします)。 ラーメン『花月』で、ホッピーとラーメンでお昼。いったんアパートへ帰って睡眠補給。 ★ 夜は、午後7時から、渋谷の…

ブライアン・フェリーのライヴを見る(3月13日)。

きのう、渋谷のオーチャード・ホールでブライアン・フェリーのコンサートを見てきました。これがとてもよかった。官能と陶酔の甘美をきわめた音楽のなかに初期ロキシー・ミュージックがもっていた前衛的なパワーを秘めた曲をまじえて、1時間30分彼独特の音…

リンゴ・スターの来日公演前にもう一度予習しときましょう(笑)。

ドラムを叩きながら歌うリンゴに15歳のわたしは、しびれてしまった! リンゴ・スターが2019年の来日公演で歌うとおもわれるものを2曲あげておきます。あとは、またあとで。 Ringo Starr & His All-Starr Band - You're Sixteen - 8/22/2001 - Rosemont Theat…

リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド来日の前に・・・(再録)。

年があけて、リンゴ・スターの来日公演が迫ってきました。公演のころは、日本は、桜の季節になっているかもしれませんね。 リンゴは何を歌うか? 比較的新しいセットリストを再録であげておきます。 以下は、2018年11月12日に掲載したものです。 ★ ★ ★ 2018…

ブライアン・フェリーの変貌。

初期ロキシー・ミュージックのブライアン・フェリー。 伊達男に変貌したブライアン・フェリー(笑)。 前衛的な音楽でスタートしたロキシー・ミュージック。そのボーカリスト、ブライアン・フェリーが3月に来日する。 正直なところ、現在のブライアン・フェ…

えっ、ビートルズの新しい映画だって?

スタジオでの打ち合わせシーン。 「未公開映像をもとにした新たなビートルズ映画の製作が発表!」 http://trc.universal-music.co.jp/t?r=AAAFbGFkJN8quxcppBlqHEBIi96ZFrgtBXiGEQ こんなニュースがはいってきました。なんと、またもやビートルズの未公開映…

2月2日、AbemaTVで、「クィーン」のライヴが放映されるみたいです。

2月2日土曜日。22時から23時45分まで、1986年のクイーンのライヴが放映されるようです。 詳細は、以下を参照してください。 https://abema.tv/channels/special-plus/slots/BNYG3zAfW1HGnK?