かぶとむし日記

映画、音楽、本の感想を中心に日記を更新しています。

音楽

やっぱりポール・マッカートニーは、80歳バースデーを、ツアーのさなかにむかえていた 〜 そしてブルース・スプリングスティーンと共演!

ポールとブルース・スプリングスティーン。 おおっ、ポールの最新のライブで、「バースデー」と「へルター・スケルター」のロックンロール2本立てが歌われた。 オリジナル・キーにこだわりながら、80歳のポールがシャウトする。 ★ お祝いに駆けつけたジョン…

2022年6月18日は、ポール・マッカートニー80歳の誕生日!

1990年、ソロとして初来日のころ。47歳。 いま、ポール・マッカートニーは新しいライブの真っ最中。きっとツアー先のどこかで80歳のバースデーを迎えるんだろうな。 今日は、ビートルズのころ、ソロ時代・・・それぞれ激しいロックンロール・ナンバーで祝い…

ジュリアン・レノン、ウクライナ難民のためのチャリティ・イベントで「イマジン」を歌う!(「ビートルズ・クラブ」会員誌から)。

シンシア、ジュリアン、ジョン。 ポール・マッカートニーとジュリアン。ポールはジュリアンをかわいがった。ジョンとシンシアが離婚したとき、ジュリアンを励まそうと「ヘイ・ジュード」を書いた。 ★ ジュリアン・レノンが、ウクライナ難民たのめのチャリテ…

Zappyさんがあげるポール・マッカートニーとジョージ・ハリスンの絶妙なコーラスBest 5!

ポール・マッカートニー&ジョージ・ハリスン。 ビートルズの声の相性のよさで、主に語られるのはジョンとポールのコーラス。 それもわたしにはたまらない魅力なんだけど、ビートルズ・サウンドを陰で支えているのはポール&ジョージのバック・コーラスでは…

ポール・マッカートニー、バーチャル・デュエットで、ジョン・レノンと共演!!

ポール・マッカートニー、79歳。なんとかっこいい歳のとり方だろう(写真「discovermusic.jp」から拝借) 2022年4月28日から、ポール・マッカートニーの『ゴット・バック・ツアー』がスタートした。今回のサプライズは、バーチェル・デュエットによる、ジョ…

速報!!〜フレディー・マーキュリー追悼コンサート!(YouTubeで48時間無料配信)。

出がけに「あい青子」さんのブログで知りました。出がけなので、「青子」さんの本文をまだ読めていません。 ロックが好きなひとは直接「あい青子」さんのブログをあたってください。 ため息がでるような出演者がぞくぞく登場してくるようです。 いつが48時間…

もう少し松村雄策さんとビートルズのことを・・・。

ビートルズは眠らない (小学館文庫)作者:雄策, 松村小学館Amazon 松村雄策さんは、1964年の2月に、わたしは同じ年の5月にビートルズに出会った。出会ったという表現では、なまやさしいかもしれない。考えが未熟で、まだ世の中がどうあるのか、何もわからない…

初代ビートルズ・ファンの代表だった松村雄策さん(70歳)が亡くなられた!

音楽雑誌「ロッキングオン」の公式サイトによれば、3月12日に亡くなられたとのこと。翌13日に発表された。 松村雄策さんを知ったのは『アビーロードからの裏通り』(1981年)を読んだのが最初。 それまでビートルズの伝記やビートルズの内部関係者が書いたも…

ビートルズと「デヴィル・イン・ヒズ・ハート」との奇跡的な出会い!(ジョージ・ハリスンの誕生日に)

ビートルズの「デヴィル・イン・ハー・ハート」が収録されている『ウィズ・ザ・ビートルズ』。 今日はジョージ・ハリスンの誕生日。最近知った彼にまつわるちょっとした話を。みなさんは、すでにご存知かもしませんが・・・。 むかし『ビートルズ・クラッシ…

IMAX上映『ビートルズ:ルーフトップ・コンサート』を見る!(2月12日)。

先々週・先週何本か映画を見ましたが、時系列無視でまずはビートルズから(笑)。 2月12日(土曜日) この日は川越を出て、妻といっしょにIMAX設備のある「グランドシネマサンシャイン池袋」へ、ピーター・ジャクソン監督の『ビートルズ:ルーフトップ・コン…

1月23日(日)→BS世界のドキュメンタリー『ビートルズとインド』の再放送があります!

[NHKBS1] 『ビートルズとインド』前編「出会い」 1月23日(日) 午前11:10〜午前11:50 『ビートルズとインド』後編「蜜月と決別」 1月23日(日) 午後0:00〜午後0:45 https://www.nhk.jp/p/wdoc/ts/88Z7X45XZY/schedule インドの側から見た「ビートルズ…

年のはじめは、ロックンロールの原点「ロック・アランド・ザ・クロック」から!(2022年元旦)。

2022年あけましておめでとうございます。みなさまの新しい1年が良い年になることを願っています。 ★ 2022年も、年初めはロックンロールから(笑)。 「ロック・アラウンド・ザ・クロック」は、映画『暴力教室』(リチャード・ブルックス監督。アメリカで1955…

『マッカートニー 3,2,1』を見た!(見てから時間が経ってしまいましたが、大雑把な感想を)

リック・ルービン(左)とポール・マッカートニー。 www.youtube.com ★ 1話が30分で、6話にわたるポール・マッカートニーの音楽談話。おもしろかった。内容の詳細は、Alaokaさんが書かれているので、最後にそちらへのリンクを貼っておきます。わたしは、映…

ビートルズのクリスマス・ソングを揃えました(だるころさんのコメントの返信を兼ねて)。

だるころさん、ビートルズ名義のクリスマス・ソングは1曲だけです。 タイトルは「Christmas Time Is Here Again」。ファンクラブの会員用(日本ではなくて)に録音されたもので、半分以上おふざけ。作曲者名義は、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、…

「撃たれた? なんで?」・・・12月8日は、ジョン・レノンが射殺された日(日本時間では12月9日)。

日本が真珠湾を奇襲してアメリカ合衆国と戦争をはじめたのが、日本時間1941年(昭和16年)12月8日。 ビートルズとして、ひとりのミュージシャンとして、その後世界の多くのひとに影響を与えるジョン・レノン(1940年10月8日生まれ)は、このとき1歳だった…

ビーター・ジャクソン監督『ビートルズ:Get Back』を見た!

この週末をかけて、待ちに待ったピーター・ジャクソン監督『ビートルズ:Get Back』(6時間)を走破した。 タイプスリップして、52年前のビートルズに会ってきましたよ。幸せな時間でした。画面は、とても半世紀前のものとはおもえないほどクリーンです。 …

『ビートルズ:Get Back』配信はじまる!

いよいよ、待ちに待った配信がスタートしました。 まだ序章を見ています。明日、第一回配信の2時間を見ることにします。 ワクワクするような6時間のビートルズ・ショーがスタート。夢のような時間のはじまりです。 www.youtube.com www.youtube.com

ローリング・ストーンズの2021年秋のツアー、オープニングは「ストリート・ファイティング・マン」!

チャーリー亡きあとのローリング・ストーンズ。 先日ストーンズの大ファンである山川健一氏が、れいわ新選組の応援メッセージのなかでいっていたようにローリング・ストーンズの秋のツアーは、オープニングが「ストリート・ファイティング・マン」。YouTube…

「比例はれいわ」の応援を知人たちに頼む〜吉田恵輔監督『ヒメアノ〜ル』〜R.ストーンズ、ファンの作家・山川健一氏「れいわ新選組」に応援メッセージ

10月24日(日)。 午後、携帯に登録してある知人たちにメールで「比例はれいわ」のお願いを出す。ずっと前に年賀状をやめたので、突然の連絡に「なんだろう?」といぶかしくおもったひともいるかもしれない。 たいていは「了解しました」「承知しました」と…

ドキュメンタリー映画『ビートルズ ゲット・バック』の予告編が公開されました。

ピーター・ジャクソン監督『ビートルズ ゲット・バック』。 劇場映画と発表されながら、コロナで1年間延び、あげくは3日間(11月25日、26日、27日)で6時間の長尺ドキュメンタリーに変身し、ディズニーの動画配信サイトで公開されることに。 長くなったの…

デビッド・バーナード監督『エリック・クラプトン ロックダウン・セッションズ』を見る(10月10日)。

バソコンが壊れたので、記録したい記事が溜まった。日付の順序を無視して、記事を投稿します。 10月10日(日)、晴れ。 さいたま新都心の「MOVIX さいたま」へ、『エリック・クラプトン ロックダウン・セッションズ』を見にいく。 クルマで、約1時間走…

ジョン・レノン最期のステージ(1975年)。

ジョン・レノン最期のステージ。 10月8日は、ジョン・レノンの誕生日。最近はその日を忘れていることも多くなった。 1980年12月8日、ジョンがマーク・チャップマンに射殺された日のほうが印象に強くなってしまった。ショック過ぎる事件だったからそれもしか…

トニー・ベネット&レディ・ガガの共演アルバム『ラヴ・フォー・セール』が10月1日発売!

トニー・ベネット&レディ・ガガの共演は、2014年の『チーク・トゥ・チーク』以来7年ぶり。超ベテランと旬な女性シンガーのコラボ。最初聴いたとき、ベテラン、トニー・ベネットに堂々と渡りあうレディ・ガガの歌唱力にびっくりしました。今回も息ぴったりで…

テデスキ・トラックス・バンドが、エリック・クラプトン(バンド名は、デレク&ドミノス)の名盤『いとしのレイラ』を全曲ライブ演奏!

テデスキ・トラックス・バンド。左端のギタリストがデレク・トラックス、ひとりおいて、右の女性がスーザン・テデスキ。 テデスキ・トラックス・バンドは、デレク・トラックス(ギター)とスーザン・テデスキ(ボーカル、ギター)夫妻を中心に結成された大編…

ジョージ・ハリスンが歌う「ゲット・バック」と未発表曲のこと(ドリス・トロイのアルバム関連で)。

ドリス・トロイのアルバム『ドリス・トロイ』。 ソウル女性歌手・ドロス・トロイ。アップル(ビートルズが設立した会社)からのデビュー・アルバムを、ジョージ・ハリスンがプロデュースしている。 バックのメンバーがすごい! 「YOU」さんの『マジカル・ミ…

チャーリー・ワッツが死んでしまった!

今朝、 ビートルズ・ファンでブログ友だちのつるひめさんからメールをもらって知った。プリンスのときも、ボウイのときも、わたしたちが知るのはいつも突然。ミュージシャンの訃報には、毎回おどろいてしまう。 わたしは、古いファンなので、ストーンズはビ…

ザ・フー「マイ・ジェネレーション」〜ドラマ性を排除した傑作映画『17歳の瞳に映る世界』。

『17歳の瞳に映る世界』。スカイラー(左)とオータム。 7月28日(水)、炎暑。誕生日。 朝、LINEをひらいたら妻から「誕生日おめでとう。元気に長生きしてください」という文面があった。 「長生きか‥‥」 ザ・フーの作曲者&ギタリスト、ピート・タウンゼン…

名曲はさまざまな表情をみせてくれる〜ボブ・ディラン「All Along The Watchtower 」。

「All Along The Watchtower 」は、『ジョン・ウェズリーハーディング』(1967年)に収録されている。 コロナの感染者急増のなか、五輪強行。 テレビは五輪一色。 菅首相の「人流は減っている。ワクチン接種が広がれば感染者は減る。トンネルの出口は見えて…

ポール・サイモンとジョージ・ハリスンのアコスティック・ライブ!

ジョージ・ハリスンとポール・サイモン(1976年) むかしMTVの「アンプラグド」という、バンドやシンガーが楽器に電気を通さず(厳密ではなかったみたいだけど)、アコスティックを基調にして演奏する、っていう企画の番組があった(いまもあるのかな?)。 …

ジョージ・オーウェル『動物農場』とボブ・ディラン「マギー農場」。

1975年秋の「ローリング・サンダー・レヴュー」ライブでのディラン。顔を白く塗っている。あとでアップする1976年春のものとは装いがちがう。 ★ ひさしぶりにオーウェルの『動物農場』を読んでみる。この寓話小説はむかし英語の教科書に出ていたような気がす…