かぶとむし日記

映画、音楽、本の感想を中心に日記を更新しています。

映画

原田マハ著『キネマの神様』は、山田洋次監督でどんな映画になるのだろう?(4月13日)。

キネマの神様 (文春文庫)作者:原田 マハ発売日: 2011/05/10メディア: 文庫 4月13日、月曜日。雨と風。 新型コロナウィルスで自宅を出ないよう要請が出ていたが、この日、東京に用があって、ひさしぶりに出かける。 雨にくわえて、強い風。天気が最悪だった。…

河瀬直美監督『VISION』を見にいく(6月11日)。

川越駅へ出勤する妻に送ってもらい、「イオンシネマ板橋」へ、河瀬直美監督の『VISION』を見にいく。東武東上線に人身事故があって、電車が遅れていたが、あらかじめ早く出てきているので、あわてずにすんだ。 映画『Vision』予告編 紀行文を執筆しているフ…

ミヒャエル・ハネケ監督『ハッピーエンド』を見にいく(6月10日)。

6月10日、日曜日。終日台風もどきの雨、ときいていたので、外出しないつもりでいたけれど、それほど強い降りではないので、妻と映画を見にいくことにする。 ネットを検索していたら、川越スカラ座で、見そびれていミヒャエル・ハネケ監督の『ハッピー・エン…

*是枝裕和監督『万引き家族』を見る(6月9日)。

6月9日、土曜日。 アパートのある東武練馬駅の喫茶店「コメダ」で、妻と合流。「イオンシネマ板橋」へ、是枝裕和監督の『万引き家族』を見にいく。 『万引き家族』予告編↓https://www.youtube.com/watch?v=d9HBnxtAIKo 東京の下町。高層マンションの谷間に取…

*永井聡監督『恋は雨上がりのように』を見にいく(5月28日)。

出勤する妻に川越駅まで送ってもらい、「イオン板橋」へ、永井聡監督、小松菜奈・大泉洋主演の『恋は雨上がりのように』を見にいく。 「恋は雨上がりのように」予告 怪我で陸上の夢を絶たれた高校2年生の橘あきらは、偶然入ったファミレスの店長・近藤正己の…

西川美和監督『永い言い訳』を見る(10月22日)

10月22日、イオン板橋の5Fで妻と待ち合わせ、西川美和監督の『永い言い訳』を見る。『永い言い訳』(原作、西川美和)は、妻もわたしも先に小説の方を読んでいて、映画の公開をたのしみにしていた。 ★ 冒頭はショッキングにはじまる。 観光バスが事故に遭遇…

熊切和嘉監督『夏の終り』(公開中)

もう20年以上も前だろうか・・・瀬戸内晴美(現:瀬戸内寂聴)の小説『夏の終り』を読んで鮮烈な感動を覚えた。内容が愛憎をめぐる地獄のような世界を描いているので、あまりひとに推薦しにくいけれども、それでもちょっと興味をもってくれそうなひとにはこ…