かぶとむし日記

映画、音楽、本の感想を中心に日記を更新しています。

雑記

高井たかし幹事長は、「日曜討論」で何を語ったか?

「日曜討論」の高井たかし幹事長。 ★ 「泥酔→転倒→脳挫傷」という経過で、頭に傷ができ、病院に搬送されました。 うちどころによっては、左手足の麻痺や痙攣が起こる心配がある、ということで一週間病院で様子をみました。いまのところ不幸中の幸いで、どち…

雑誌『東京人』の「つげ義春特集」と、「平成の森公園」の薔薇(5月20日)。

川島(かわじま)の「平成の森公園」。 5月20日㈪。 妻は仕事で留守。わたしは隠遁生活にはいったので、にっちゅう家ごもりして、雑誌を読んだり、ボーッとしたりしてすごした。 雑誌は『東京人』。特集が「つげ義春と東京」だった。 つげ作品に登場する東京…

39年ぶりの奈良へ③(3日目。「橿原神宮」〜「飛鳥寺」〜「長谷寺」〜「室生寺」。

奈良最古「飛鳥寺」の大仏。 4月29日㈪。 午前8時05分。ホテルのロビーに集合。「三条通り」はせまいので、JR奈良駅前の広い通りまで歩いて、観光バスにのる。 ★ きのうの夜は、幸いに「目利きの銀次」という居酒屋の4人席がとれて、飲み放題で飲んだ(妻…

39年ぶりの奈良へ①〜初日、「法隆寺」「薬師寺」(4月27日)。

薬師寺(「ウィキペディア」から)。 4月27日㈯。曇り。 「クラブツーリスト」の奈良行きのツアーに参加するため、川越を出発。妻といっしょに東京駅へ向かう。午前8時40分集合なので、8時には東京駅へ着いた。 熊谷から来るTochan(とっちゃん。わたしの中…

人間17人+ワンちゃんひとり、のバーベキュー遊び(4月21日)。

4月21日㈰。曇り この日は、Y家11人+smoky夫婦側6人、あわせて17人、のバーベキュー遊び。場所は、戸田市の彩湖・道満グリーンパーク。 わたしたち夫婦と娘家族は、上福岡の「小江戸 はつかり温泉」(日帰り温泉)の駐車場で待ち合わせる。そこから、娘がこ…

妻の誕生日。子供たち、孫たちが集まる(3月3日)。

3月3日㈰。 娘家族の家(川越市的場)で、妻の誕生日祝い。土呂(さいたま市)の息子夫婦&4歳児も来る。 娘はチラシ寿司をつくり、夫は、焼き肉とやきとりを焼いてくれた。息子の奥さんは手作りのケーキを持参してくれた。 ユーカとミーミーの双子は、片…

村木嵐作『まいまいつぶろ』を読む〜日暮里の飲み会(1月27日)。

1月27日㈯。 午前、アパート近くの「コメダ珈琲」で、村木嵐の『まいまいつぶろ』(キンドル版)を読む。 以下、キンドル版の書籍案内。 口は回らず誰にも言葉が届かない、歩いた後には尿を引きずった跡が残り、その姿から「まいまいつぶろ(カタツムリ)」…

菖蒲と酒とジョン・レノン〜セキネ夫妻の来訪(5月21日)。

「平成の森公園」の菖蒲池。まだ咲きはじめ。 5月21日㈰。晴れ、暑い。 稲毛(千葉県)のセキネ夫妻、川越へ来る。川越駅へ妻の運転で迎えにいき、まずは家へ寄ってもらい、少し休む。 セキネ夫妻、妻とわたし、旧交を缶ビールで乾杯(妻はコーヒー)。 数…

薔薇とポピーとお酒と(5月6日)。

鴻の巣のポピー畑。 5月6日㈯、晴れ。 昼から弟夫妻と会うことになっていたので、その前にふたつ寄り道しようと家を早く出た(運転は妻)。どちらも混むと駐車場がいっぱいになるかもしれないので。 最初は、川島(かわじま)の「平成の森公園」。ここは「…

酒と昼寝のゴールデンウィーク②〜藤井道人監督『ヴィレッジ』を見る(5月4日)。

5月4日㈭。 「ウニクス南古谷」へ、妻の運転で藤井道人監督の『ヴィレッジ』を見にいく。8時20分からの早い上映。 www.youtube.com プロデュースが『新聞記者』、『パンケーキを毒見する』、『妖怪の孫』の故河村光庸氏。河村氏が企画した最後の作品を、…

酒と昼寝のゴールデンウィーク〜「小津安二郎と山中貞雄のこと」(4月29日)

左小津安二郎、右山中貞雄。 「1938年1月12日、山中のもとを小津が訪ねて来た。2人はわずか30分の面会時間でたくさん語り合い、日本映画監督協会宛てに『南京で会ってお互いの無事を喜んでおります 小津安二郎』『悪運の強いのが生き残っています 山中貞雄』…

神代植物園・深大寺へ行く(4月16日)。

神代植物園のつつじ。 4月16日㈰、晴れ。 急に決まって、妻と、調布の神代植物園へ行ってみようということになる。むかし行ったきりで、道もわからない。ナビを頼りにして、わたしが運転することに。 1時間ほどで着く。近くまで行くと、以前の記憶がもどって…

ショート・short・ショート〜今年最後の「桜を見る会」(4月1日)。

吉見町(埼玉県)の土手。桜と菜の花。 ★ 4月1日㈯。晴れ。 「吉見町の土手」。 去年はじめて行って、桜と菜の花のコラボがきれいだったので、今年もクルマを走らせた(運転は妻)。 桜はもう満開が過ぎていて、菜の花の方が勝っていた。 ★ 帰り道、「平成…

わたしの「桜を見る会」と、靖国神社に掲示された「陸軍大尉の遺書」。

千鳥ヶ淵の内堀りと桜。 ★ 3月25日㈯。雨。 桜が満開なのに、無粋な雨。妻と買い物の帰り、クルマで伊佐沼公園まで走り、乗ったままのお花見。 3月27日㈪。曇り。 両親が仕事で、春休みの双子たちが二人っきりになるというので、暇そうなわたしが留守番…

積み残しの映画〜『銀平町シネマブルース』(3月1日)。

3月12日㈰。日帰り温泉(上尾市)の帰り、夕方の円山公園を妻と散歩する。 ★ 「WBC」(ワールド・ベースボール・クラシック)を楽しんでいるけれど、、、 東京ドームいっぱいに集まった観客を見ながらついつい考えてしまう。 ここにいるひとたちが、子供たち…

西武園ゆうえんち(昭和の商店街) 〜 村山由佳『放蕩記』(3月5日)。

怖かった「夕陽館」の「ゴジラ・ザ・ライド」。 3月3日は妻の誕生日。娘の家へ夕飯に呼ばれて、双子たちとケーキを食べてきたらしい。そこで、3月5日にみんなで「西武園ゆうえんち」へ行くことを決めてきた。 3月5日㈰。曇り時々晴れ。 6人乗りのクル…

智光山公園を散歩する(1月29日)。

智光山公園。(公益財団法人埼玉県公園緑地協会のサイトより拝借) 1月29日㈰。晴れ。 昼近く、体がなまるからどこか散歩にいこうと妻が言い出す。わたしはソファにねっころがって島田荘司の『火刑都市』を読んでいた。いよいよ大詰めになっているので、特に…

年末年始のまとめ(修善寺温泉〜漱石、危篤!〜その他、読んだ本・映画のことなど)。

12月29日〜12月31日。 修善寺温泉へ2泊。Mさん(妻の姉)、Kちゃん(その息子)、わたしたちの4人。 ★ 1910(明治43)年、夏目漱石は、修善寺で大量の吐血をし、生死をさまようような体験をしている(=「修善寺の大患」)。 わたしたちが宿泊した「菊屋」は…

三鷹の禅林寺へ太宰治のお墓参り(12月7日)。

太宰治。「家庭の幸福は諸悪の根源?」。 山崎ナオコーラ著『文豪お墓まいり記』という本を読んでいたら、三鷹の禅林寺へ太宰治のお墓参りへいったことが書いてあった。 次に散歩をするときに、わたしも三鷹へいってみようとおもっていた。 ★ 12月7日㈬。 …

DRIVE MY CAR(「聖天宮」〜「新しき村」)。

坂戸の聖天宮。 「新しき村」の入口(2019年訪問したときの写真)。 ★ Tさんから事前に「12月の4日に、坂戸の聖天宮(しょうてんぐう)を見にいくから、よければ、そのあと川越あたりで会わないか?」という電話があったので、「聖天宮も一緒に行くよ」と返…

紅葉見物の散歩(「清水公園」「石神井公園」)。

清水公園。 石神井公園(三宝寺池)。 ★ 11月27日(日)。 妻も同行して、千葉(野田市)にある「清水公園」へ紅葉を見にいく。 もより駅は、東武アーバンパークライン(東武野田線)の「清水公園」駅 西口。駅から徒歩で約10分。行くのは、はじめて。 公園…

大船・鎌倉・横浜の一泊旅行へ②(横浜「三溪園」を歩く)。

三溪園。 11月21日(月)。雨後晴れ。 天気予報が昼から晴れる、というので朝はホテルでゆっくり過ごす。9時半頃外へ出たら、空は曇っていたが、雨はやんでいた。 大船駅から横浜駅へ電車で移動。 横浜駅「みなみ口」のコインロッカーへボストンバッグをい…

大船・鎌倉・横浜の一泊旅行へ①(田谷の洞窟 〜 川喜多映画記念館)。

「田谷の洞窟」入口。 ★ Setukoさんが、友だちふたりと一泊旅行へ行く、というので、「それじゃあ、オレも」と、ひさしぶり泊まりがけの「ひとり旅」計画をたてる。 泊まりは大船のビジネスホテル。目的地は、初日=「田谷の洞窟」(大船)。2日目=三溪園…

秋の散歩③  〜 ローカル線(八高線)の小さな旅(10月31日)。

児玉駅のホーム。 10月31日、晴天。 ローカル線(八高線)にのって、日帰りの小さな旅をしてみた。目的地は、降りたことのない無人駅「児玉」(埼玉県)。 1時間30分くらいの所用時間か(とおもったら、結局、乗換え待ちの時間が長かった)。 ★ 「川越駅」…

秋の散歩②〜「寅さんの町、柴又へ」(10月29日)

「柴又帝釈天門前参道商店街神明会」のサイトから。このくらいの人出だったらいいけれど。 10月29日(土)。快晴。 Tさんと、いい気候だから会おう、と決まって、場所は、わたしのリクエストで「柴又」にしてもらった。 コロナ禍もあって、何年も柴又へいっ…

秋の散歩① 〜『練馬区羽沢、50年前のアパート跡地さがし』(10月22日)〜『新宿御苑を歩く』(10月26日)。

新宿御苑。 10月22日(土)。 池袋駅から地下鉄線「新桜台駅」で降り、練馬区羽沢へいく。 先日、「トキワ荘マンガミュージアム」へいったとき、隣の江古田駅は結婚して最初に住んだところだね、という話が出た。 あれから50年近い歳月が経っている‥‥。 「行…

川越祭りを見にいく(10月16日)。

10月16日(日)。 川越祭りを、妻と見にいく。 川越駅近くの駐車場へクルマをあずけ、山車(だし)の集まる川越市まで、ひと駅だけ電車に乗る。以前は歩いたが、いまは妻もわたしも少しキツイ。 しかし、川越市駅からも、山車が闊歩する中心街まで、意外に遠…

「昭和のアパート」に迷い込んだ犬(『犬がいた季節』を読んで思い出したこと)。

わたしが出会った犬は、こんなにハンサムではなかったかも(フリー素材を拝借)。 伊吹有喜著『犬がいた季節』。 はじめに、つるひめさんが紹介してくれて、次にそれを読んだよんばばさんが、感想をブログにアップしてくれた。 tsuruhime-beat.hatenablog.co…

お盆休みの怠惰な日々(8月中旬頃)。

渡し場のひと(『つげ義春とぼく』のなかのイラストから) お盆休みは、そもそもの怠け癖が出て、川越の家で毎日ゴロゴロしていた。 お酒とYouTubeと本読み(たまに食器洗いの手伝い)。 テレビは『鎌倉殿の13人』しか見ていない。ニュースはYouTubeで見てい…

こんなひとを国葬に?

旧統一教会の広告塔・安倍晋三。(写真は「プレジデントオンライン」より拝借) 自民党と旧統一教会のズブズブの関係が、どんどん明るみに出る。 しかし国政選挙が3年間ないためか、ふてぶてしく「それがなにか問題でも」と居直っている。 「宗教と自民党と…