かぶとむし日記

映画、音楽、本の感想を中心に日記を更新しています。

2024-01-01から1年間の記事一覧

映画で表現されたロックンロール〜(井上淳一監督『青春ジャック 止められるか、俺たちを2』〜若松孝二監督『水のないプール』)と+内田裕也のこと。

3月23日㈯。 「テアトル新宿」へ、井上淳一監督『青春ジャック 止められるか、俺たちを2』を見にいく。 www.youtube.com 若松孝二監督が代表を務めた若松プロダクションの黎明期を描いた映画「止められるか、俺たちを」の続編で、若松監督が名古屋に作ったミ…

「川越スカラ座」で、無声映画2本見る(『戦艦ポチョムキン』『チャップリンの放浪者』)。

4月13日㈯。晴れ。 川越駅で妻と合流。中村屋でカレーの昼飯を食べる。 ロシアの無声映画『戦艦ポチョムキン』(1925年=大正14年公開)を、ネットで予約してあったので、整理券をもらいに「川越スカラ座」へいく。 整理券を予約できても、座席は自由席なの…

「外国人には生活保護を受けさせるべきではない」という意見に、山本太郎はどう応えたか…。

2024年4月13日、福島。 山本太郎の「街宣」や「おしゃべり会」は、「アンチも大歓迎!」。これまでもいろいろな人が登場してきた。 2024年4月13日の「おしゃべり会」では、何度か山本太郎とバチバチやりあってきた右翼系青年・桑原さん(?)がまたもや登場…

小池百合子都知事の学歴詐称疑惑が、元側近だった小泉敏郎氏の証言から再び浮上している。

小池百合子都知事の学歴詐称疑惑が、再び浮かび上がっている。 以前、石井妙子著『女帝 小池百合子』を読んだとき、カイロでの同居者の証言は具体的で、虚言だとは思えなかった。単行本のときは、匿名証言だったが、文庫化されるときに、証言者は、実名を明…

花見の記録〜tukaさんと散歩しながら「反戦」と「非戦」について考える。

吹上の土手。 3月17日㈯。 両親の墓参り。 弟夫婦、Tochan(とっちゃん。中学からの友人)と会うため熊谷へ向かう。途中吹上の土手で菜の花が咲いているだろうと思い、寄ってみる。土手沿い一面咲いていた。 熊谷の「徳樹庵」で、4時間ほど5人で飲む。Tocha…

「れいわ」の「お笑い担当」は、「山本太郎と大石あきこ」だけじゃない〜にわかに「やはたオカン」の人気上昇!!。

やはた愛さんが、「れいわから立候補したい」とオカンにいったとき、「なんでれいわなの? 他にもあるやろ」と聞き返したオカン…。 やはた愛さんは、「議員になるのが目的じゃない。れいわといっしょにやりたいんや」と答えた。 そのオカンが、愛さんの選挙…

映画『エリック・クラプトン ライヴ・イン・サンディエゴ 伝説の一夜』を見る(3月29日)。

3月29日㈮。 「シネ・リーブル池袋」へ、『エリック・クラプトン ライヴ・イン・サンディエゴ 伝説の一夜』を見にいく。 映画館のある8階に1時間くらい早く着いたので、同階の喫茶で、コーヒーを飲みながら、松下竜一著『ルイズ 父に貰いし名は』を読む。 ル…

「れいわ新選組」は、5歳になりました!

2019年4月、山本太郎が、ひとりで「れいわ新選組」を結成して、5年に突入しました。国会議員が8名になり、自治体議員が50名を超えました。とはいえ、まだまだ与野党から潰されそうな小さな政党です。 しかし、最近の調査では、この数ヶ月、支持率が着実にあ…

ロック・ドラマーが集結!!〜映画『COUNT ME IN 魂のリズム』を見にいく(3月20日)。

3月20日㈬。 「新宿シネマカリテ」へ、マーク・ロー監督の『COUNT ME IN 魂のリズム』を見にいく。 www.youtube.com (略)レッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャド・スミス、クイーンのロジャー・テイラー、アイアン・メイデンのニコ・マクブレイン、ポリ…

「れいわ」のお笑いコンビ!(山本太郎代表+大石あきこ共同代表)

大阪では、「山本太郎とおしゃべり会」に、大石あきこ共同代表も参加。政治問題の質疑に加えて、ふたりの掛け合いがはじまる。 参加者席から「関西だけでなく、大石さんもいっしょに全国回ってくれませんか?」というリクエストも飛び出す。 タイトルは、「…

妻の誕生日。子供たち、孫たちが集まる(3月3日)。

3月3日㈰。 娘家族の家(川越市的場)で、妻の誕生日祝い。土呂(さいたま市)の息子夫婦&4歳児も来る。 娘はチラシ寿司をつくり、夫は、焼き肉とやきとりを焼いてくれた。息子の奥さんは手作りのケーキを持参してくれた。 ユーカとミーミーの双子は、片…

三上智恵監督『戦雲(いくさふむ)』を見にいく(3月16日)。

『戦雲(いくさふむ)』の1シーン。 3月16日㈯。晴れ。 「ポレポレ東中野」へ、三上智恵監督の『戦雲(いくさふむ)』を見にいく。1時間くらい早く着いたので、1階の喫茶室でコーヒーとカレー。ここのカレーは、キーマ・カレー。ボソボソしたカレーで、ふ…

芝木好子の世界を堪能!〜『群青の湖』を読む。

3月19日㈫。晴れ。 午前、芝木好子著『群青の湖』を読了。 琵琶湖のほとりにひとり嫁いできた瑞子は、旧家の重みと夫の背信から、幼い櫻子をつれて生まれ育った四谷に戻る。かつて美しい染めや織りの技を競いあった仲間にむかえられ、瑞子は群青の湖の永遠の…

山本太郎が、岸田首相に能登半島の住宅支援をお願いしている途中で、NHKは、テレビ中継を打ち切った。「X」などで怒りの投稿が殺到!

3月14日㈭。 昨日、3月13日の山本太郎の質疑が残り10分ほどを残して、中継が打ち切られたそうですね。わたしは、YouTubeで見ていたので、あとになって知りました。 山本太郎は、もともと与えられている質疑時間が少ないので、能登半島の住宅支援にしぼって…

「予算案の通過」に抗議した大石あきこ・くしぶち万理の両議員に「厳重注意」。両議員からの反論は…?

処罰を受けるのは、裏金議員ではないか! 「れいわ新選組共同代表」大石あきこ議員(写真左)とくしぶち万理議員が「衆議院議院運営委員会」から、「厳重注意」を受けるも、やったことを後悔していないと囲みの記者に語る。 2日の本会議での来年度予算案採決…

リサ・コルテス監督の『リトル・リチャード アイ・アム・エヴリシング』を見にいく(3月2日)。

3月2日㈯。 「ヒューマントラストシネマ渋谷」へ、リサ・コルテス監督の『リトル・リチャード アイ・アム・エヴリシング』を見にいく。ひさしぶりの渋谷。若いひとが多くて、落ち着きどころがない感じ。映画を見たら、さっさと退散しようとおもいながら、明…

映画2本ハシゴする(白羽弥仁監督『フィルピンパブ嬢の社会学』〜太田隆文監督『沖縄狂想曲』)。

2月27日㈫。 午前所用あり。午後3時15分より「新宿K's cinema」に、太田隆文監督の『沖縄狂想曲』の予約がしてあったので、その前に何か1本映画を見るか、いったんアパートへもどって出直すか、迷った。 が、ちょうど同じ「新宿K's cinema」で、白羽弥仁監督…

「国の借金は、個人の借金ではない!」(山本太郎代表の「おしゃべり会」から①)。

「山本太郎のおしゃべり会」で、積極財政についてわかりやすく説明している動画の切り抜きがありました。 財務省の洗脳は、すみずみまで行き届いているようで、「通貨発行すれば国民の借金が増える」とおもっている国民が大半。 新聞の論説やテレビに出てい…

与野党の「茶番」と闘う「れいわ」の女性たち!

大石あきこ議員(左)とくしぶち万理議員(「朝日新聞デジタル」より拝借)。 【NHKニュース】 新年度予算案について、自民党と立憲民主党の国会対策委員長が会談し、2日午後に衆議院本会議で採決を行うことで合意しました。 予算案は2日中に衆議院を通過し…

みんなで歌いましょう②〜初音ミクさんが歌う「万博中止の歌」です。

どうしても万博がやめられない! なぜ? 「身を切る改革」の正体が見えてきた。 今回も、初音ミクさんと一緒にみんなで歌いましょう! ★ 「万博中止の歌」(「歌のごんちゃんねる」より) www.youtube.com

映画もおもしろいが、原作も抜群!〜瀬尾まいこ『夜明けのすべて』。

2月23日〜25日のあいだ、本は瀬尾まいこの『夜明けのすべて』、映画は、フィンランドの監督、アキ・カウリスマキの旧作を4本見た(「amazonプライム」の配信)。 今回は、アキ・カウリスマキではなく、瀬尾まいこ『夜明けのすべて』を読んだ簡単な感想。 ★ …

越生梅林〜都幾川の玉川温泉〜ジョージ・ハリスンの誕生日(2月25日)。

2月24日㈯、晴れ。 3連休のまん中の1日は、いい天気になった。越生の梅林を見にいこう、と早起きする。 途中、「松屋」で朝飯。 越生までは、車で約1時間(運転は妻)。駐車場は、空きがたくさんあった。 9時開園。入場の列に並ぶ。 入場料(一人:400円)…

映画『風よ、あらしよ』〜伊藤野枝、二十八歳の悔しい最期(2月17日)。

2月17日㈯。 池袋駅北口の歓楽街にある「池袋シネマ・ロサ」へ、『風よ、あらしよ 劇場版』を見にいく。 映画のなかの伊藤野枝と大杉栄。 ★ 大正時代に結婚制度や社会道徳に真正面から異議を申し立てた女性解放運動家・伊藤野枝を描き、2022年にNHK BS4K・8…

川本三郎著『「男はつらいよ」を旅する』〜三宅唱監督『夜明けのすべて』。

2月13日㈫。 「イオンシネマ板橋」へ、三宅唱監督の『夜明けのすべて』を見にいく。早めに出たので、駅前の「コメダ珈琲」で、1時間ほどモーニング・コーヒー・タイム。 以前紙の本で読んだ川本三郎著『「男がつらいよ」を旅する』が電子書籍化されたので、…

さあ、みんなで歌いましょう!!

安倍派裏金五人衆(「Yahooニュース!」より)。 ★ みなさん心をこめて歌いましょう! 「歌のごんチャンネル」さん提供です。ありがとうございます。 www.youtube.com 今日はこれだけ(笑)。

予告編には、歌の訳詞が出るのに、本編に出ないのはなぜ?(ボブ・マーリーの最新映画)〜少しだけ夏川草介著『始まりの木』について。

2月10日㈯。 「新宿シネマカリテ」へ、ステファン・ポール監督の『ボブ・マーリー ラスト・ライブ・イン・ジャマイカ レゲエ・サンスプラッシュ』を見にいく。 ★ 早く新宿へ着いたので、最近定番になっている新宿駅構内の「カレー&コーヒー」ショップで、…

村木嵐作『まいまいつぶろ』を読む〜日暮里の飲み会(1月27日)。

1月27日㈯。 午前、アパート近くの「コメダ珈琲」で、村木嵐の『まいまいつぶろ』(キンドル版)を読む。 以下、キンドル版の書籍案内。 口は回らず誰にも言葉が届かない、歩いた後には尿を引きずった跡が残り、その姿から「まいまいつぶろ(カタツムリ)」…

京都の市長選挙!〜「自民・公明・立憲・国民民主」が応援する松井孝治氏が、「共産党・れいわ」の推す福山和人氏を破った(投票日:2月4日)。

自民・公明・立憲が「共闘」して、松井孝治氏を応援した(「毎日新聞」より拝借)。 午後11時の結票を迎えてようやく松井孝治さんに当選確実が出た。4日の京都市長選、共産党が強い京都という土地柄はあれど、予想以上の大接戦だった。 自民、公明、立民、…

夏目漱石『それから』から感じたこと〜映画『コット、はじまりの夏』は、「反家族主義?」(2月2日)。

2月2日㈮。晴れ。 「新宿シネマカリテ」へ、コルム・バレード監督『コット、はじまりの夏』を見にいく。 ★ 早めに着いたので、新宿駅構内の「カレー&コーヒー」ショップで、1時間くらい読書。夏目漱石の『それから』(青空文庫)を読了。 10代後半に読んだ…

まもなく公開される音楽映画2本(『ボブ・マーリー ラスト・ライブ・イン・ジャマイカ レゲエ・サンスプラッシュ』〜『COUNT ME IN 魂のリズム』)

◯ステファン・ポール監督『ボブ・マーリー ラスト・ライブ・イン・ジャマイカ レゲエ・サンスプラッシュ』(2月9日公開)。 レゲエミュージシャン、ボブ・マーリーの母国ジャマイカでのラストライブを映像化したライブドキュメンタリー。 ドレッドヘアーに赤…