かぶとむし日記

映画、音楽、本の感想を中心に日記を更新しています。

ネルソン・マンデラを描いた『マンデラの名もなき看守』を見る。

f:id:beatle001:20200518111745j:plain




5月9日、川越の「ケーズ電気」へ、ipadの動画をテレビで見るためのコードを買いにいく。お店のひとに聞いたら、「いまの時期、みなさん考えることは同じですね。現在売り切れで入荷未定です」といわれ、なるほどと妙になっとくしてしまった。


「それでもいいですから」と、予約して帰る。



夜、パソコン画面で、Amazonプライムから、ビアレ・アウグスト監督マンデラの名もなき看守を見る。




【実話】これを観ればネルソン・マンデラが分かる/映画『マンデラの名もなき看守』予告編



反政府運動の指導者として27年間に渡り獄中生活を強いられながらも希望を持ち続けたマンデラの姿を、彼との交流の中で美しい魂を取り戻していく白人看守の視点から描き出す。




(2007年製作/117分/フランス・ドイツ・ベルギー・イタリア・南アフリカ合作)


(「映画.com」から)
https://eiga.com/movie/53424/


原作は、この映画で看守として出てくるジェイムズ・グレゴリーの手記『さよなら、バファナ』


白人至上主義者で、黒人をテロリストとしか思っていない看守・グレゴリーが、収監されているネルソン・マンデラの看守をつとめているうちに、南アフリカ共和国黒人(非白人)隔離政策に疑問を抱いていくという物語。


囚人の扱いがひどい。


囚人(非白人、黒人)は、牛馬のように棍棒で容赦なく叩かれる。いや、牛馬ならもっと大切にされるかもしれない。牛馬以下の扱いだ。


アパルトヘイト政策のなかで、27年間、人間としての誇りを失わず獄中生活を生きたマンデラ。その強靭な精神力におどろくしかない。


自己保身ばかりの政治家が目立つけど、虐げられているひとたちのために、想像を超える力を発揮する政治家もいる、という事実に、気持ちが救われた。


看守の奥さんは、当初、典型的な黒人差別主義者で、夫の昇進に一喜一憂する女性だったけれど、夫の変化とともに、変わっていく。


その看守の奥さんを、2017年のドイツ映画『女は二度決断するファティ・アキン監督)のダイアン・クルーガーが演じている。『マンデラの名もなき看守』は2007年の映画だから、『女は二度決断・・・』より10歳若い。クールな美しさは、女優・司葉子の若き日を連想させる。



ネルソン・マンデラは、1990年に釈放され、1994年、大統領に就任する。その就任式に、看守のジェイムズ・グレゴリーは招待された、と「ウィキペディア」に出ていた。

「検察庁法改正案」、今国会見送り!!


「YAHOO JAPAN ニュース」に、こんな吉報が出ていました。

内閣の判断によって、幹部の定年を延長することが可能となる検察庁法の改正案を含む国家公務員法の改正案について政府与党は今国会での成立を見送る方針を固めた。(ANNニュース)


https://news.yahoo.co.jp/articles/620d566a409b41e5a2cb4a80257e2d4b345b8f1a


市民の声がひとつの成果を生んだ気がします。これで、ひとまず猶予期間ができました。引き続き、関心を持続していきたいとおもいます。





f:id:beatle001:20200518104433j:plain
2020年5月6日、「平成の森公園」のバラ。

「#検察庁法改正案に抗議します」に賛同します!

こんな記事がありました。

国民の怒りは沸点に達している。「#検察庁法改正案に抗議します」――と、ドサクサ紛れの検察庁法改正案に抗議する声が700万件を超えたツイッターデモに続き、今度は「#安倍晋三に抗議します」とのハッシュタグが登場。安倍首相に対する猛烈な抗議が相次いでいるのだ。


日刊ゲンダイDIGTAL」5月14日 15:00配信。
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-660810/


しかし安倍晋三首相は、いっこうに抗議の声に耳を傾ける姿勢はない。自分がこれまで犯してきた数々の国家的な罪を糾弾されないためには、自分の思い通りにできる「共犯者」を検事総長に据えることが絶対に必要なんですね。


首相の本心でいえば、コロナよりもこちらが気になってしかたがないのでしょう。だから「火事場泥棒」のように混乱のさなかをねらい、「不要不急」の法改正をゴリ押ししようとしているのです。



共同通信」5月15日(金)9:33配信のニュース。

検察定年、与党が午後採決の構え 森法相答弁へ、参院内閣委


衆院内閣委員会は15日午後、検察官の定年延長を含む国家公務員法改正案の質疑を実施する。森雅子法相も出席。内閣や法相が認めた場合に検事総長ら幹部がポストに残る特例を巡り、森氏が要件を明示できるかどうかが焦点となる。審議後、与党は採決を求める方針。野党は特例要件の明確化がなければ採決に応じない構えだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/144abd201c9193797d8a71399921e0b282e724e1


安倍首相にとって大事なのは、自分の権力の安泰だけ。前からずっと変わっていません。


ふだんはどこの党を支持しても自由です。しかし、いまはきちんと抗議する野党を応援しましょう!




f:id:beatle001:20200515132547j:plain
5月6日、「平成の森公園」。