かぶとむし日記

映画、音楽、本の感想を中心に日記を更新しています。

リドリー・スコット監督『ロビン・フッド』(上映中)


『グラディエイター』の監督と主演が組んだ新作。弓と槍と剣で戦う戦闘が迫力ある映像で描かれる。


ちいさなころから、ロビン・フッドはなじみのある名前なのに、詳しいことをほとんど覚えていない。どういうヒーローだったのだろう、と記憶をさぐりながら、見ていた。



新しい王の重税政策で、イギリスの民衆は疲労困憊、我慢の限界がきて、いまにも内紛が起ころうとしている。フランスは、その隙をぬって、イギリスを制服しようと、チャンスを狙っていた。


国家分裂の危機を救ったのが、ロビン・フッド。軍隊をひとつにまとめ、勇猛果敢に、上陸してきたフランス軍を撃退する。このへんの、戦闘シーンは有無をいわせぬ見ごたえだ。


フランス軍の侵略から救われたイギリスだが、国難がひとまず去ると、王は、英雄への嫉妬からロビン・フッドを追放する・・・。


王とロビン・フッドの関係は、源頼朝義経の関係を連想させる。ロビン・フッド義経も、支配者から追われ、アウトローとなり、伝説のなかで生き続けている。


伝説のベールをかぶったヒーローが、ラッセル・クロウの演技で、明瞭な肉体をもち、存在感あるものになっていた。