かぶとむし日記

映画、音楽、本の感想を中心に日記を更新しています。

ジョージ・ハリスンを支えたオリヴィアのこと。

最初の妻パティ・ボイドとエリック・クラプトンの恋愛で、傷ついたジョージを癒してくれたのが、メキシコ系のアメリカ人女性、オリヴィア・トリニアード・アリアスでした。1978年に結婚して以来、ジョージが亡くなる2001年まで、二人は生涯をともにしました。


パティ・ボイドの自伝でも、ジョージはオリヴィアと結婚してからは、たまに会うと、兄のように優しく接してくれた、と書いています。ジョージはオリヴィアと結婚して、心の傷を癒し、平安を得たようです。




陰になりジョージを支えたオリヴィアですから、それほど表に出る活動はしていませんが、ジョージの生前では、ルーマニアの孤児を援助しようと制作された『ノーバディズ・チャイルド〜ルーマニアン・エンジェル・アピール』が、オリヴィアの呼びかけから創られたことが、知られています。


このチャリティ・アルバムには、ジョージ、リンゴをはじめ、豪華なミュージシャンが楽曲を提供しました。

  1. ノーバディズ・チャイルド(トラヴェリング・ウィルベリーズ
  2. ワンダフル・リマーク(ヴァン・モリソン)
  3. メディシン・マン(エルトン・ジョン)
  4. ディス・ウィーク(デイヴ・スチュワート&スピリチュアル・カウボーイズ )
  5. 早く家に帰りたい(ポール・サイモンジョージ・ハリスン)
  6. 傷心の日々(ビージーズ)
  7. ラヴチャイルド(ビリー・アイドル)
  8. ビッグ・デイ・リトル・ボート(エディ・ブリケル&ニュー・ボヘミアンズ )
  9. ラヴ・オブ・ザ・ランド(スティーヴィー・ワンダー)
  10. ザット・カインド・オブ・ウーマン(エリック・クラプトン)
  11. グッドナイト・リトル・ワン(リック・オケイセック)
  12. レンブラー(デュエイン・エディ)
  13. エイント・ザット・ペキュリアー(マイク&ザ・メカニックス)
  14. シヴィル・ウォー(ガンズ・アンド・ローゼズ)
  15. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンド(リンゴ・スター&ヒズ・オールスター・バンド)




ジョージは、オリヴィアにこんな美しいバラードを捧げています。





●「ダーク・スィート・レディ」(『慈愛の輝き』収録)